>  > 風俗店でのプレイ中にくも膜下出血でピンチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

くも漫。

,

くも膜下出血

,

中川学

411gxjMf76L._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
くも漫。』リイド社

 風俗店で倒れる――。男にとって、かなり想像したくないシチュエーションの一つであろう。衆人の注目を集めながら救急車で搬送され入院、医者にも奇異の目で見られ、さらにそんな事を友人や家族に知られたら…など、想像するだに恐ろしいが、世の中は我々が思っているよりも広い。なんとそんな体験を実際にして、あまつさえ、それを漫画に描いてしまった人が存在するのだ。

 教師生活から失踪するという自らの体験をつづったエッセイ漫画『探さないでください』などで知られる漫画家・中川学。氏の作品である『くも漫。』は、風俗店でのプレイ中にくも膜下出血を発症し、生死の境をさ迷ったという実体験をもとに描かれたエッセイ漫画である。この異色の作品は発売当時から多くの話題を呼び、重版を数回するほどの人気を獲得。ついに実写映画化も決定、2月4より新宿バルト9ほかにて公開予定だ。果たして、この異色の作品を描いた中川学とはどんな人物なのか。そして、作品を通じて伝えたかった事とは何なのか? それを明らかにすべく、今回トカナは直撃インタビューを行った。

――今日はインタビューを受けてくださってありがとうございます。今回はこの度映画化された『くも漫。』の話を中心に、中川先生自身についてのお話もお伺いできればと思います。

中川(以下、中) はい、よろしくお願いします。

――まずお聞きしたいのは、くも膜下出血という大病を経験されたのをきっかけに、変わられたことというのはありますか?

 やっぱり、自分が死ぬっていうのは遠い未来で、まだまだ先なんだって思ってたんですけど、実際にくも膜下出血になって死にかけて、「ああ、人っていつ死ぬかわからないんだな」っていうのは、すごい実感として感じました。いつ死ぬかわからないんだったら好きな事をどんどんやっていかないといけないな、っていう気持ちになりましたね。

kumomnan023.jpg
映画「くも漫。」予告編より

――なるほど、それ以前はそう思っていなかったと。

そうですね、漠然としてて。例えば、好きなことをやるとかよりも、不安じゃなくなりたい、安定したいって動機で行動してましたね。元々、教師になったのも、安定が欲しいって理由からでしたし。昔から公務員になりたかったんですよ。

――あ、元からそうした安定志向で。なんかデカい夢みたいのはお持ちでなかったんですか?

いや、少なくとも小学校ぐらいからはずっと公務員になりたかったですね。

――じゃあ周りでそういう夢を語る友達とかを冷めた目で見てたみたいな。

なれないんじゃないかとは思ってました。

――なるほど、それはまた筋金入りの安定志向で(笑)。

だから、お金の面とかでも、安定してから好きなことをやろうっていう気持ちがあったんですよ。まず安定させよう、それからだと。でも、今は不安定でもいいから好きなことをどんどんやっていかないと、すぐ死んじゃうなっていう気持ちがあります。安定させようなんてやっている間に死んじゃうぞ、と。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。