>  >  > 19世紀のフリークショー出演者たちの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
巨人症、アルビノ、結合双生児… 奇形を見世物にした19世紀のフリークショー出演者たち19人大集合!

 19世紀から20世紀初頭にかけて、欧米ではフリーク・ショー(見世物小屋)が盛んだった。「見世物」になるのは多くの場合、身体に奇形を持つ人々であった。19世紀に死体や奇病を撮影したものを一冊に収めた写真集「タナトス・アーカイブ(The Thanatos Archive)」には、米国で開催されたフリークショーの写真が多く載っている。 ■17世紀からはじまった見世物小屋のフリークスたち  大英図...

人気連載

味覚を変える物質はギムネマか!?【今日からドヤれる理科知識マンガ】

《今日からドヤれる理科知識》夜子の保健室【バックナンバーはコ...

VXガス、サリン…殺人神経ガスを徹底解説! 背景にナチスと殺虫剤と謎の研究所!【ググっても出ない毒薬の手帳】

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】第19回...