>  >  > 19世紀のフリークショー出演者たちの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 19世紀から20世紀初頭にかけて、欧米ではフリーク・ショー(見世物小屋)が盛んだった。「見世物」になるのは多くの場合、身体に奇形を持つ人々であった。19世紀に死体や奇病を撮影したものを一冊に収めた写真集「タナトス・アーカイブ(The Thanatos Archive)」には、米国で開催されたフリークショーの写真が多く載っている。


■17世紀からはじまった見世物小屋のフリークスたち

 大英図書館によれば「生ける奇形人間」を見世物とするフリークショーは、1600年代に英国で始まったとされる。その中でも人気だったのは巨人や小人、極端な肥満や痩せた人、そして結合体双生児も群衆を集めたという。そして当時、欧米では見ることのなかった珍しい土着民族のショーなども行われていたらしい。出し物はそれほどショッキングでないものもあり、フリークショーの経営者は場合によっては観客が興味を持ちそうなストーリーと設定をでっち上げることもあったという。米国では「地上最大のショー」をうたい文句にする「PTバーナム(PT Barnham)」が、フリークショーを大衆化した。


ptbarnum1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

(左)米国イリノイ州で撮影された奇妙な胎児。写真の裏に手書きで、「1939年、エフィンガム、イリノイ生まれ」と書かれている。この乳児には尾と大きい耳があり、しかし目や鼻孔は無い。新生児の平均体重は3.5キロだが、この新生児は約14キロもあった。(右)死産の結合双生児。


ptbarnum2.JPG
 「Daily Mail」の記事より

(左)巨人症の子供はフリークショーで人気の出し物であったという。(右)トッチ兄弟:結合双生児もフリークショーでは人気であった

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。