>  >  > 村上春樹の最新作を霊視してわかった内容!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
mrkm_2.jpg
画像は『騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編』(新潮社)

 現代日本を代表する作家の一人であり、世界的にも熱烈なファンをもつ村上春樹氏の最新作が今月24日に発売される。大注目のタイトルは、ズバリ『騎士団長殺し』(新潮社)。「第1部 顕れるイデア編」と「第2部 遷ろうメタファー編」からなる長編小説だ。

 しかし、(毎度のことながら)発売日まで新作のテーマや内容は、まったく外部に漏れ伝わってこない。そのため、世界のハルキスト(村上春樹ファン)たちは、本を手に取るその日まで、タイトルのみを頼りに想像を膨らませるしかないのが実情だ。インターネット上ではさまざまな臆測が飛び交い、議論も白熱している。「まだノーベル文学賞を受賞していない村上春樹氏にとって、この作品が選考委員をうならせる決定打となるのではないか」との噂もあるようだ。もちろん、一部には「村上春樹氏の新作というだけで期待し過ぎではないか!?」という冷めた意見もあるようだが、どちらにせよファンにとっても、そうでない人にとっても、これほど注目を一手に集める村上春樹という小説家の影響力はすさまじい。

 では、『騎士団長殺し』とは実際のところどのような内容なのだろうか?トカナ編集部からの要請を受けた筆者は、今回大胆にも予測することになった。現在を生きる魔女である筆者が、その人脈と霊感をフルに駆使して導き出した村上春樹氏の“今もっとも伝えたいこと”とは――!?


■現代を舞台に、平和と反戦を訴える!?

 今回の試みにあたり、まず筆者はテレビでも活躍している知人の心霊能力者A氏に霊視を依頼した。すると次のような答えが。

「内容の詳細に関しては、村上春樹さんの守護霊がご本人の意思を尊重して教えてくれないと思います。しかし、村上春樹さんが伝えたいメッセージは何となく浮かんできます。キーワードは『反戦』、そして『反イスラエル』ですね。『騎士団長』というのも、中世の騎士団ではなく、特定の宗教のように偏った思想を持ち、その思想を他人におしつける人の比喩で、現代を舞台にしたストーリーではないかと思いますよ。それから、村上さんはノーベル賞などに興味はなく、それよりむしろ自身の反戦メッセージを発信されたいのだと思います」(A氏)

mrkm_4.jpg
画像は「Wikimedia Commons」より引用

 確かに、村上春樹氏の発言はリベラルで平和主義的である。これまでにも反原発や反戦を主張し、政治的には、どちらかというと反米・反イスラエルの立場といえるだろう(もちろん、氏が米国のカルチャーに極めて造詣が深いことは指摘するまでもないことだが)。2009年、村上氏は「ノーベル賞の登竜門」ともいわれるエルサレム賞を受賞しているが、なんと受賞式のスピーチにおいて、パレスチナ自治区のガザ地区で繰り広げられるイスラエル軍による暴力行為を痛烈に批判した。その場で氏は、次のように語ったのだ。

コメント

2:開花神道2017年2月 8日 14:29 | 返信

そもそも、日本人の典型的反戦平和オッさんが、世界に通用する「中世ヨーロッパを舞台にしたセックス要素満載の物語」なんて書けるもんなんかいな?
そんなもん書けたらノーベル賞あげても良いんじゃなかろうか。

1:開花神道2017年2月 8日 14:28 | 返信

そもそも、日本人の典型的反戦平和オッさんが、世界に通用する「中世ヨーロッパを舞台にしたセックス要素満載の物語」なんて書けるもんなんかいな?
そんなもん書けたらノーベル賞あげても良いんじゃなかろうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。