>  > 殺人マシーンと化す、中国の遊園地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 昨年開業した上海ディズニーランドに限らず、中国では近年、テーマパークや遊園地が増加している。「長江網」(1月12日付)によると、中国には世界のテーマパークや遊園地の10%が集まっているというが、昨今の急増に伴い、アトラクションの事故件数も多発している。
 
 春節の連休が明けたばかりの2月3日にも、重慶市の遊園地で痛ましい死亡事故が起きた。「重慶晩報網」(同4日付)などによると、事故が起きたのは豊都華公園内の遊園地にある「遨遊太空」という人気アトラクション。遊園地によくある、船がブランコのように揺れながら、最後は一回転する、“海賊船”タイプの乗り物だという。

事故の瞬間を捉えた映像によると、船が激しく回転すると、ひとりの乗客が席から投げ出されそうになる。落ちないよう必死に背もたれ部分につかまるが、遠心力には逆らえず、地面に叩きつけられた。落下したのは13歳の少女で、病院に搬送されたものの、命を落とした。

 この動画はネット上に投稿され、衝撃を与えている。

「遨遊太空」を製造したのは成都新都新安遊楽設備有限公司で、製造年は2013年10月。落下原因は安全ベルトが切れたことによるとされているが、このアトラクションの記録には、直近の点検は昨年12月とある。現在、地元警察が事故原因を調査中だが、例によって進捗状況は一切伝わってこない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。