>  > 2030年までに97%の確率で氷河期が到来することが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

マウンダー極小期

,

太陽

,

小氷期

,

氷河期

 英紙「Metro」(2月1日付)などによると、英ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授らが、厳密な数学モデルを用いて太陽活動のデータを分析したところ、2030年までに太陽の活動が現在の60%まで減少し、97%の確率で地球が「氷河期」に突入することが分かったという。これは、14世紀半ばから19世紀半ばにかけて世界各地を襲った「小氷期(Little Ice Age)」相当の規模になると予想されている。


■100%予防不可能、2030年氷河期突入のシナリオ

miniiceage_01.jpg
画像は「Collective Evolutions」より引用

 小氷期では、テムズ川やオランダの運河・河川では一冬の間完全に凍結する光景が頻繁に見られ、飢饉が頻繁に発生するようになり(1315年には150万人もの餓死者を記録)、疾病による死者も増加した。アイスランドの人口は半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング植民地は全滅の憂き目を見た。日本においても東日本を中心にたびたび飢饉が発生し、これを原因とする農村での一揆の頻発は幕藩体制の崩壊の一因となったといわれている。

 そして、小氷期の期間中もっとも寒さが厳しかった1645年~1715年は、太陽黒点数が著しく減少した「マウンダー極小期(Maunder Minimum)」(1645年~1715年)と一致しているのだ。このまま太陽の活動が弱体化していけば、地球全体の気温が低下していくことは間違いないとみられている。

「太陽が全ての命運を握っているとすれば、我々がなにをしょうとも、気温の低下は免れません……夏がなくなり、冬が続き、川が凍るでしょう」(ザーコバ教授)

miniiceage_02.jpg
凍りついたテムズ川「Daily Mail」より引用

 今後、北半球を中心に大きな影響がでることが予想される。だが、これほど重大な発見にもかかわらず、ザーコバ教授の研究を敵視した反対者から圧力をかけられ、何人かの気象学者は、イギリス王立天文学会に公表の差し止めを求めたそうだ。

コメント

5:コウキ 変な咳してたけどタバコは控えてね#役者訪問 劇場2017年2月12日 12:23 | 返信

だからさ、北半球には92-3%の人口がいるわけだから全滅って事でしょ。生き残った日には死んで行った人間を羨ましく思って絶望しながら死に向かうであろう人間こそが地獄。そうなる前に僕はこうきのようにイケボになりてーな(・∀・)

4:匿名2017年2月10日 14:11 | 返信

大変だ!
60%にダウンだなんて、考えただけで恐ろしい。
関東でも流氷が見られるようになるのは間違いない。
トカナの記事を信じて早いとこ関西に首都機能を移すべきだ。
あと、次は冬のオリンピックで東京が立候補できるようになるぞ。
夏冬両方での開催となると歴史に名を残せる。
早く来い来い氷河期w

3:匿名2017年2月10日 06:10 | 返信

マウンダー極小期は日本でも大雪などの記録が残されている
記事にも北半球に大きな影響が出ると書いてるだろ

2:匿名2017年2月 9日 20:11 | 返信

温暖化進めば全凍球の前倒しも有り得るな

1:匿名2017年2月 9日 18:56 | 返信

では、トカナさんの代わりに続報。
イギリスではそうなるだろう。
でも、日本での生活にはほとんど影響は無いでしょう。
記事は日本のことを書いていませんので安心してください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。