>  > 産経新聞が韓国映画にイチャモン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

ユネスコ遺産登録を阻止運動の一環!? 産経新聞が韓国映画『軍艦島』にイチャモン!の画像1

【日刊サイゾーより】

 今年7月に公開を控えている韓国映画『軍艦島』が、早くも話題だ。

 同作は、軍艦島こと端島に強制徴用された朝鮮人たちが命をかけて脱出を試みるストーリーで、ソン・ジュンギ、ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ といった豪華キャストが名を連ねている。
 
 1月下旬に公開された予告編には「ここの出来事を記憶する朝鮮人たちは一人たりとも残してはいけない」という日本語とともに、脱出しようともがく登場人物たちの姿が映し出されていた。ネット民からは「本当に楽しみ。絶対に見るよ」「予告編だけで涙が出る」「全国民必見だ」という声が寄せられ、興行成績にも期待が高まっている。

 しかし、たった1分10秒の予告編が、またもや日韓を対立させてしまったようだ。

 産経新聞(2月8日付)は、『軍艦島』の予告編を紹介しながら、「『明治日本の産業革命遺産』が2015年7月にユネスコ世界文化遺産として登録が決まったことに対し、韓国は官民を挙げ て阻止に働いた。映画は、その運動の一環」と報道。

 これに対し、韓国メディアは「日本メディア、公開もしていない映画を批判」(京郷新聞)、「日本産経、“映画『軍艦島』はウソ”…地獄島じゃなかったと煽り立てる」(SBSニュース)、「監督のリュ・スンワン、“『軍艦島』は事実を基に製作…産経の報道は残念”」(OSEN)といった見出しの記事で反論している。

 SNSでも「図々しいにもほどがある」「このままだと、韓国を植民地支配した事実も否定しそう」「ここまで言われると、絶対見て観客数を増やしたい」といった、日本メディアに批判的なコメントが目立つ状況だ。

 それにしてもここ数年、韓国では反日感情を煽るような映画が増えている。14年には日本水軍と戦う韓国の歴史的英雄・李舜臣の姿を描く『鳴梁(ミョンリャン)』が観客動員数1760万人を記録し、歴代観客動員数1位を記録。15年には、日本統治時代を生きた文豪・尹東柱の一生を描いた『東柱』や、従軍慰安婦をテーマにした『帰郷』などが大きな話題を呼んだ。今年も、前出の『軍艦島』を含めて4作の反日映画が公開を控えている

 日韓関係のさらなる冷え込みを招きそうな『軍艦島』だが、果たして……。
(文=S-KOREA)

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年2月10日 10:25 | 返信

金目のフィクション、嘘つきを取材して、事実と見せかける、いわゆるやらせだ。離島の環境でも、家族連れで島に住み、生活を築いていた。当時日本人だった朝鮮の人たちも出稼ぎにきていた。戦後、密入国してまで、日本へ出稼ぎにきていた韓国人が、うそをついて、強制連行されたのだから、日本の保険加入認めろ、年金を支給しろって、日本の役所で大騒ぎした、うそをつくのは韓国人には朝飯前だろう。

1:匿名2017年2月10日 10:23 | 返信

金目のフィクション、嘘つきを取材して、事実と見せかける、いわゆるやらせだ。離島の環境でも、家族連れで島に住み、生活を築いていた。当時日本人だった朝鮮の人たちも出稼ぎにきていた。戦後、密入国してまで、日本へ出稼ぎにきていた韓国人が、うそをついて、強制連行されたのだから、日本の保険加入認めろ、年金を支給しろって、日本の役所で大騒ぎした、うそをつくのは韓国人には朝飯前だろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。