>  >  > 宇宙と生命、人類滅亡の“真の謎”を東大教授が語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
sgt_top4.jpg
杉田精司教授(撮影:編集部)

 降り注ぐ汚染物質、大気圏に空いた穴、歪む重力、エイリアンの侵略、太陽嵐による電力・通信網のダウン、忍び寄る病原菌、核戦争の脅威……。トカナが日頃から指摘してきたことであるが、現在の地球はこのように人類滅亡につながる大災害のリスクに満ちている。そして昨今、各国が特に対策に力を入れはじめた“地球存亡の危機”こそ、巨大隕石の衝突だ。

sgt_top2.jpg
画像は、ヒストリーチャンネル「人類滅亡の日~世界が終わる10のシナリオ~」より引用

 巨大隕石の衝突による地球の死――それは、私たちの意思や希望などお構いなしに発生し得る不可抗力といえる。ある日突然、すべてが終焉を迎える事態は本当に起きるのか?

 真実を探るため、今回トカナはヒストリーチャンネル(スカパー!やケーブルテレビなどで視聴可能)の新番組『人類滅亡の日 ~世界が終わる10のシナリオ~』に専門家陣の一人として登場する、東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻の杉田精司教授にインタビューを敢行! 気が遠くなるほどのスケールで人類に迫ってくる宇宙の謎と脅威に、最前線で立ち向かう日本を代表する科学者は、いったい何を語ったのか!?

・ インタビュー第1回:ある日突然、隕石衝突の「君の名は。」現象はありえる! 杉田教授が語る
・ インタビュー第2回:「はやぶさ2」可視分光カメラの主任研究者、杉田教授が語る小惑星の真実


■地球の生命と隕石の深いつながり

――もしかして杉田教授は、“生物の種”のようなものが小惑星に乗って地球にやって来たと考えていらっしゃるのでしょうか!?

杉田精司教授(以下、杉田)  種のようなものとは異なりますが、材料物質が飛んできた可能性はあると考えています。生命体そのものではなく、有機物や水のように生命の材料になる物質が隕石に含まれて、やって来た可能性です。それが、生命の育まれる条件が整っていた地球で、実際に生命誕生へと結びつく要因になったと考えることもできます。そう考えれば、パンスペルミア説とは違い「生命は地球で生まれた」ということになりますね。

――なるほど。生命は地球で生まれたにせよ、そこには地球外からの“力添え”があったのかもしれませんね。

地球の大研究

地球の大研究

杉田先生がやさしく解説!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。