>  > 「地球の生命は火星由来」説を支持する学者急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 地球の生命のふるさとは火星にあった? にわかに支持を集める科学的仮説に、海外メディアが注目している。


■「生命の起源は地球外に」 パンスペルミア説の概要

 40億年の昔、地球を覆っていた酸性の海の中で、私たちの遠い祖先が産声をあげた――。彼らが誕生に至った経緯については、数多くの仮説が唱えられているが、そのなかにひときわ独創的な仮説が存在する。

“パンスペルミア説”と名付けられたその仮説は、地球の生命の起源が、他の天体に存在することを示唆するものだ。小惑星の衝突によって、惑星の破片が宇宙へ投げ出され、やがて地球へ飛来する。地球に落下した破片に付着していた微生物が、そのまま繁栄していったというのが、おおまかなパンスペルミア説の概要だ。

 実はパンスペルミア説は、1871年から唱えられてきた古い仮説だが、近年の宇宙研究の進展に伴って見直されつつある。証明する手立てこそ発見されていないものの、これまで科学の主流から追いやられていた同説は、以前と同じくらい現実離れしているとは考えられていないのだ。

lifefrommars1.JPG
 画像は「Wikipedia」より

■仮説を後押しする声「火星はかなり有力」

 そしてパンスペルミア説の再評価に伴い、地球に生命をもたらした具体的な惑星として、火星の名前が候補に挙がっている。アメリカ・コロンビア大学に所属する天文学者のカレブ・シャーフ氏は、以下のようにメディアの取材に答えた。

「地球上では火星の破片を見つけ出すことができます。加えて、火星でも地球の破片を見つけ出すことができるに違いありません。それらの破片が宇宙空間を渡り、生きたままの生物を運ぶことができるなら、私たちが“火星人”である可能性が生じてくるわけです」(カレブ・シャーフ氏)

 続いて、米ワシントン大学の生物学者であるピーター・ウォード氏も、異なるメディアで見解を披露している。

「地球の生命の起源を探るにあたっては、火星はかなり有力だと考えています」(ピーター・ウォード氏)

lifefrommars2.JPG
 画像は「Wikipedia」より

 さらにウォード氏は、地球の生命の起源が地球外にあると証明された場合には、現在の科学界や宗教界に多大な影響を及ぼす懸念を付け加えた。

「大きな打撃になるでしょう。宗教的な原理主義者にとっては、神の創造した生命は地球上にのみ存在することになっていますから」(ピーター・ウォード氏)

関連キーワード

コメント

4:匿名Ming Wu2017年2月17日 17:34 | 返信

關於地球生命的起源,有人說猿猴是人類的近親(達爾文進化論),也有科學家提出人類生命起源是由原生物單子細胞演變而來,宗教界相信上帝創造世界,咱們不是天文學家,太陽早就在50億年前誕生,地球誕生到現在也已過了30多億年。

我很早就猜想有一個概念,地球人類的起源,是由隔島躍進(球)而來,起初太陽剛誕生時,非常的赤熱,人類經過20億年後才誕生,人類可能住在離太陽偏遠的九大行星的冥王星,後來太陽溫度漸漸冷卻,冥王星如現在的地球,地球大氣層遭破壞,夏天室內溫度效應漸暖化,冬天是冷凍到零下50度,冥王星室內溫度破壞到人類無法居住,於是人類由隔島(球)躍進到海王星居住,漸次的隔島躍進(球)到現在的地球,現在地球所描述的外星人,可能是人類還生存在火星的祖先,或其他太陽系比地球科技先進的人類?

3:匿名2017年2月13日 13:41 | 返信

'If that material can carry living organisms on it, it's possible that we are Martian.'
火星人とは言ってるし、翻訳は間違ってないよ。

2:匿名2017年2月12日 19:05 | 返信

ワレワレハカセイジンダ

1:匿名2017年2月12日 11:22 | 返信

たぶん翻訳を間違えたのかもしれないけど、
例え人類が火星由来の生命体だとしても、地球で生まれて育った「我々」ノコトヲ火星人と呼ぶのはおかしい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。