>  > 2家族5人惨殺“兵庫の殺人鬼”が法廷で…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

殺人

ThinkstockPhotos-523699180.jpg

 2015年3月に兵庫県洲本市で2家族計5人が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた平野達彦被告(42)の裁判員裁判の初公判が8日開かれ、前代未聞の仰天証言が飛び出した。

 事件が起きたのは2015年3月9日午前7時過ぎ。洲本市中川原町に住む土木事務所職員の62歳男性と59歳の妻、84歳の母親が殺害された。また近くに住む無職の82歳男性とその妻、無職の79歳男性も遺体で発見された。通報したのは62歳男性の娘で、父親から「逃げろ」と言われ、難を逃れていた。平野容疑者は殺害後も現場近くの路上で血の付いた衣服を着て佇んでいたという。その後、駆けつけた警察官に確保された同容疑者。取り調べに「裁判が始まるまで捜査官には話さない」と一貫して黙秘を貫いていた。
その平野容疑者の口からどのような証言が飛び出すのか? 注目の公判はにわかには信じがたいトンデモ話のオンパレードだった。

 冒頭で「今回の事件は完全なえん罪です」と口火を切った同容疑者は、次のように主張した。「私は無罪です。本当の被害者は被告とされている私であります。私の家族や親族も被害者です。 私の身体が被害者とされる5人の命を奪ったとするならば、それは工作員が私の脳を電磁波兵器によってブレインジャックして殺害意思を持つよう強制したからです」

 犯行は自分の意志ではなく、第三者に脳をコントロールされたためというのだ。なおも同容疑者の話は続く。

「事件は、日本国政府やそれに同調する工作員連中が日本国内の人物全てを対象として行っているテクノロジー犯罪、集団ストーカー犯罪です。それらを私は『精神工学戦争』と呼んでいますが、今回の事件はそれを隠蔽するために仕組まれたものです。 その目的は彼らの人体実験をかねた精神工学戦争や大企業による複数の犯罪を隠蔽し、他方で私の財産を奪うことにあります」

関連キーワード

コメント

4:匿名2017年2月14日 17:26 | 返信

ほら、さっそく監視部隊がやってきましたよ、TOCANAさん。
餌を撒くとすぐに食いつくハイエナみたいな連中。単純脳そのもの。
「妄想だー!」「病気だー!」と言いながらしつこく食い下がってくる異常者。
「妄想」に反論書き込んで何の得になるのか?というのが普通の人の感覚。
ま、お金が出てるか書いてる人が狂ってるからでしょうね?
TOCANAさん、特に2番目の書き込み元のIPアドレスは保存しておいた方がいいですよ。

3:匿名2017年2月14日 06:51 | 返信

統合失調症?
アスカの妄想にも似てる。

2:匿名2017年2月13日 14:15 | 返信

典型的な電波系統失ですねw
ご苦労様ですw

1:匿名2017年2月13日 08:51 | 返信

むしろ「集団ストーカー」という単語があるだけで大手マスコミが報じなくなる理由について取材して欲しいね。妄想・妄言であるにせよ、この言葉が出てくるだけで2chや掲示板・SNSが大荒れに荒れるし、実際に某宗教団体の動きもある。なぜこの妄想にこれほど監視の目がついているのか不思議でならない。そっちの方がよほど「オカルト」で謎に満ちている。まさにTOCANAネタ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。