>  >  > ヒョコヒョコ歩く「完全なる宇宙人」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

UFO

,

チリ

,

佐藤Kay

,

国有林

,

宇宙人

 UFO情報サイト「UFO Sightings Daily」によれば、チリのサンティアゴにある「パルケ・フォレスタル国有林」の中で、実に奇怪な写真が撮影されたという。なんと、小人のような生き物が、ヒョコヒョコと森の小道を横切っていく瞬間だった!


■2004年に国有林の森林でエイリアンを撮影!

 衝撃の一枚を撮影した土木技師ジャーマン・ペレーラ氏は、次のように証言している。

「当時私は、サンティアゴで土木技師をしていました。あの日2004年5月10日は、パルケ・フォレスタルの中で、何枚か写真を撮っていたんです。国有林の中を馬に乗りながらパトロールするカラビネーロス(チリの警察軍騎兵隊)の勇姿を撮りたいと思って。だいたい夕方の5時40分ごろだったと思います」(ジャーマン・ペレーラ氏)

 翌日、ペレーラ氏が会社のパソコンに撮影した写真をダウンロードしたところ、戦慄が走ったという。そこには紛れもないエイリアンが写っていたからだ。写真を見た同僚たちも、これには言葉を失ったそうだ。

walkingtinyalien1.JPG
 画像は「YouTube」より

「曇天だったのでデジカメ(コダックDX6490)のスローシャッターで撮影しました。ですから、写真に詳しい人なら、どうして写真がブレているかはおわかりいただけると思うんです。また、被写体であるカラビネーロスたちは20メートルくらい離れていたので望遠で撮ったんですが、それで余計にピンぼけになってしまいました」(ジャーマン・ペレーラ氏)

 UFOやエイリアンの類いに遭遇した経験がなく、興味もなかったペレーラ氏だが、今は写真に写っているのは本物のエイリアンに間違いないと固く信じている様子だ。

関連キーワード

UFO

コメント

1:匿名2017年2月16日 12:51 | 返信

野生の猿。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。