>  >  > インドのビル街をばく進するUFOが謎すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 先月25日YouTubeに投稿された、まことに不可解なUFO動画が世界中のUFOファンの間で物議を醸している。

 世界的UFO研究家、スコット・ウェアリング氏でさえ「これまでに見たことがない形状」と当惑を隠しきれない問題の飛行物体は、インドのビル街低空を、かなりの速度で疾走したという。その謎めいた形状と飛び方ゆえ、飛行物体の正体を巡っては、見た者によって見解が分かれているというが、果たしてこれは新たなタイプのUFOなのだろうか!? それでは早速、問題の動画をご覧いただこう。

動画は「YouTube」より引用
UFO_in_Bangalore01.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用


■レーダー搭載の新型スパイドローン!?

 この動画について、わかっていることはそれほど多くない。世界中で発見されたUFOを紹介しているYouTubeチャンネル「UFOVNI UFO Sightings」によるこの動画は、昨年12月インド南部の都市バンガロールで撮影されたもの。撮影者や目撃者の証言、投稿に至った経緯といったことは明かされていない。

 動画を見ると、時おりビルの背後に隠れてしまうほど低空を、水平方向に飛行する物体がはっきりと確認できる。特筆すべきは、やはりその形状。まるで、2つの飛行物体がぴったりと重なり合っているように見えるのだ。上部は白く、下部は黒い。そして下部は、光を発していることも確認できる。

UFO_in_Bangalore02.jpg
AWACS(早期警戒管制機)。画像は「Wikipedia」より引用

 一体どんな構造をしているのか全くの不明であるが、未確認飛行物体には違いない。しかし、地球外文明に帰属するいわゆるUFOと断定するのも難しい。これまで報告されているいかなるUFOにも似ていないからだ。動画のコメント欄には、AWACS(早期警戒管制機)のように大型レーダーを搭載した新型のスパイドローンではないかと、UFOに否定的な意見も見られる。黒い下部分には翼らしき物が見受けられる点。これまで報告されているUFOの反重力的な飛び方ではなく、いかにも航空機のような既存の航空技術を使用していると見られる点、がその論拠のようだ。重なり合うような形状は、確かにAWACS機を横から見たものと解釈できるのだ。

コメント

1:匿名2017年2月14日 19:30 | 返信

なぜ撮影者は飛行物体のスピードにピッタリ合わせて撮影できたんだ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。