>  >  > 清水富美加・出家騒動のヤバすぎる最終目的地

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

出家

,

幸福の科学

,

清水富美加

51ZZN2wWPsL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg
画像は、『SHIMIZU FUMIKA 1st Photobook 清水富美加』(マガジンハウス)

 芸能界をぶっ壊す! 人気急上昇中の清水富美加の出家騒動は、下手にこじれれば、芸能界そのものを揺るがしかねない破壊力を秘めている。スポーツ紙各紙で「出家」「引退」が報じられた12日、東京・五反田にある幸福の科学本部で行われた会見には、同グループ専務理事で広報担当の里村英一氏と顧問弁護士の佐藤悠人氏が出席。朝刊スポーツ紙で清水が一方的に所属事務所の「レプロエンタテインメント」に出家と芸能界引退を通告したとされる件について、猛反論した。里村氏は清水が事務所に意見したところ「仕事を干された」と訴えていることや、デビュー後しばらくは「月給5万円」で、あまりの薄給に父親が抗議したことなどを明かした。また、清水の意に反し、事務所が水着やブルマ姿の撮影や、人食シーンのある映画への出演を強引に進めたとし「完全な奴隷契約だ。レプロはブラック企業だ」と訴えた。

 清水は心身のバランスを崩し、ダウン。現在は自宅療養中で、2つの病院から「生命にかかわる。いまの生活をやめるべき」と診断されたという。一方、レプロ側は「信仰の自由」こそ尊重するが、出家するなら少なくとも「現在進行形の仕事を片付けてからにしろ」という理論。清水側が2月末日での契約解除を求めていることに対しても、契約更新のある5月中旬までは「雇用関係」にあると一歩も引かない構えだ。スポーツ紙記者によると「彼女は夏までに3本の映画のほか、CM、ドラマ出演などを抱えている。このままでは莫大な違約金が発生する可能性が高い。レプロも引退はやむなしという結論だが、いま辞められると、違約金の請求が自分たちのところに来かねないと恐れている」と話す。

 芸能界の論理で言えば、違約金はいきなり芸能界を離れた清水側に請求されて然るべきだが、今回は清水側が早々と診断書付きで「体調不良」を押し出してきたことで、状況はレプロが不利という。

「とにかく芸能界は特殊な世界。一般企業ではありえない月給5万円も、吉本興業の若手芸人に言わせれば『十分もらってるじゃん』ということになる。この世界に一般企業の論理を持ち込んだら、ほぼ全てのプロダクションがアウト。これを労働者の人権の名の元にやろうとしているのが幸福の科学です」(同)。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年2月15日 19:56 | 返信

ほんとに。

ヤ◯ザでぐっちゃぐちゃの世界。

欧米なんかクリーンにキチンとしてるのにな。

1:匿名2017年2月15日 09:06 | 返信

これがキッカケで芸能界自体が自浄すればいいのだろう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。