>  >  > ツリーマン(樹木男)症候群で女性患者!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_treeman.jpg

WIKIPEDIAより

 21世紀は科学技術も医療技術も進化した。だが、世界中に解明に至らない難病・奇病・風土病が夥しく厳然と存在する。今回は、奇病のなかの奇病とも言える驚異の難病、「ツリーマン(樹木男)症候群」の実態を見よう。

バングラデシュの10歳の少女が女性として初めて発症

 手や足に木の皮のような巨大なイボが生じる遺伝性皮膚病、それがツリーマン(樹木男)症候群だ。2017年1月31日、バングラデシュのダッカ医科大学病院形成外科部門のマンタ・ラール・セン医師らは、10歳の少女が女性として初めてツリーマン(樹木男)症候群を発症した可能性があると発表した(AFP News 2017年2月2日)。

 発表によれば、この少女サハナ・カトゥンさんの顎、耳、鼻に節くれ立ったイボができていたことから、ダッカ医科大学病院の医師らは、カトゥンさんの症状を疣贅(ゆうぜい)状表皮発育異常症(Epidermodysplasia verruciformis)と診断している。

 この奇病は世界でも極めて稀な難病で、女性の発症例は確認されていないため、カトゥンさんは女性の世界初症例となる。カトゥンさんを担当している医師らによれば、症状は比較的軽度のため、回復は早いと見ている。

 バングラデシュ北部の村で暮らすカトゥンさんの父親ムハンマド・シャージャハンさんによると、イボができ始めたのは4か月程前。当初は心配していなかったが、イボが大きくなったため、急遽、ダッカ医科大学病院へ駆け込んだ。

 シャージャハンさんはAFPの取材に「私たちは貧しく、娘は6歳の時に母親を失った。医師らが娘の美しい顔からイボを取り除いてくれるよう心から願っている」と語っている。

 ツリーマン(樹木男)症候群といえば、日本でも報道されたインドネシアのデデ・コサワさん(1971~2016年)がいる。コサワさんは、2008年に計13.2㎏ものイボを切除したが、予後にイボが再発したことから、2016年1月、合併症のために45歳で逝去。だが、疣贅状表皮発育異常症の仕組みの解明に大きな足がかりを残した。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。