>  >  > トラブル続きの“悪評”レプロの実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

レプロ

,

幸福の科学

,

清水富美加

71CKOBW9igL._SL1500_.jpg
ミスマガジン2010 清水 富美加 [DVD]/バップ

 清水富美加が宗教団体「幸福の科学」への出家を発表したことに関して、現時点での所属事務所「レプロエンタテインメント」が危機に陥っている。能年玲奈、そして清水と立て続けにトラブルを起こしてしまったことで、芸能界一の“悪徳プロダクション”という評判になってしまった。前出の2人だけではなく、これまでも新垣結衣など多くの所属タレントが不満を漏らしていたこともクローズアップされる事態となっており、レプロは存続の危機を迎えている。

 契約中の所属タレントがそれを無視して宗教団体に出家――。普通ならばレプロは同情を一身に受けてもよさそうだが、世論はまったくそうなっていない。能年とトラブルとなり完全に干してしまった“前科”があることから、レプロにもバッシングが浴びせられている。

「レプロはとにかく事務所とタレント、またタレント個人とのトラブルが多い。契約でモメた能年や清水だけではない。例えばガッキーこと新垣も10年ほど前、多忙によるストレスから精神的にかなり疲弊したことがあった。一時、まともに仕事ができないほどストレスがかかってしまったため、長期間休ませることになった。以前所属していたこずえ鈴も辞めた後に猛批判された」と芸能プロ関係者。

 レプロは本間憲社長の方針で「変わった人間」をスカウトして売り出しているため、所属タレントにはネジが飛んでいる女の子揃いだ。

「吉川ひなのやマリエもレプロ所属です。どちらもかなりの“素行不良”で、事務所も手を焼いていた。その一方で、元不良少年と噂されている本間社長は強権的で、社員は誰も意見できない。タレントと事務所が頻繁に衝突してしまうのは避けられない状態なのです」とテレビ局関係者。

 これまで幾多の所属タレントたちとトラブルを抱えながらも、芸能界で第一線を走っていたレプロだが、清水の一件でさすがに大ピンチに陥っている。

関連キーワード

コメント

2:匿名2017年2月20日 16:45 | 返信

わざわざ水着写真使うなよ
《フミカの水着なんか見たくない人》にも配慮してくれw

1:匿名2017年2月19日 19:46 | 返信

頑張れ清水&幸科。
腐った事務所はどんどん潰れてくれ。
日本の芸能界は世界でも最低レベルっしょ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。