>  >  > 2年間の妊娠後、人間の女が“ヤギ”を出産

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1702_goatbabyfromhuman_1.jpg
画像は、「Mirror」より

 現在、世界各国では遺伝子に関する研究が盛んに行われている。その中には“倫理に反する”と批判の的になるような研究も多い。とりわけ世界に衝撃を与えた研究といえば、英国が秘密裏に行っていた研究だろう。2008年、同国で「ヒトの受精と胚研究に関する法律」が制定されて以降、3つの機関が150以上もの人間と動物の“混合胚”を作成していたことが判明したのだ。キングス・カレッジ・ロンドン、ニューカッスル大学、ウォーリック大学の研究者らは、人間の初期発育の解明や、不治の病の治療を目的に同研究を行っていたという。現在は資金不足により中止されているが、他国でも同様の研究は進められているそうだ。

1702_goatbabyfromhuman_2.jpg
画像は、「Mirror」より

 人間と動物の混合種という恐ろしい研究が進む一方で、ナイジェリアのポートハーコートに住む女性が、ヤギとしか思えない胎児を出産したというニュースを英紙「Mirror」が報じている。同紙によると、女性は2年間ずっとお腹に赤ん坊を宿している状態だったという。出産は無料の診療所で行われたが、彼女の膣内から現れたのは、4足歩行動物の胴体と、鼻や口が飛び出して先が尖った耳を持つ奇妙な生物――そう、ヤギそのままの姿をした胎児だったのだ!

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?