>  > 外見20歳、実年齢80歳の老人が大量発生!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

テロメア

,

ホラッチョ

,

不老不死

 人類に共通する最大の死をもたらす病は「ガン」ではなく「老化」である。歴史を通じて老化による死だけは誰も治療することができなかった。その老化に対する治療法が、我々が生きている間に現実になる可能性が出てきた。


■1980年代にテロメアの存在が注目される

ThinkstockPhotos-516282921.jpg
画像は、Thinkstockより

 実は老化を引き起こす原因と、老化を止める方法は1980年代にすでに発見されている。我々の細胞の遺伝子にはテロメアと呼ばれるカウンターが備わっている。細胞が分裂するたびにテロメアが短くなっていき、短くなるほど細胞分裂のペースは遅くなる。子どもの頃あれほど簡単に治った擦り傷が、中年になると傷口がふさがるのに時間がかかるようになるのは、テロメアが短くなるせいだ。

 そしてテロメアがある短さに到達するとそれ以上細胞は分裂しなくなる。生涯を通じて50回ほど細胞が分裂すると、そこでその細胞はそれ以上、分裂しなくなるのだ。新しい細胞が古い細胞にとってかわる新陳代謝が起きなくなり、体は老化した細胞ばかりになって、老人となり人は死んでいく。

 その老化した細胞の遺伝子のテロメアを書き換える方法も発見されている。テロメアというカウンターをハッキングして、長さを長く戻す。そうすると老化したはずの細胞がふたたび細胞分裂できるようになる。

 1980年代にこのことが発見されると、いよいよ人類が老化しない時代がやってくると大いに期待されたものだ。しかしその期待はあっという間に打ち砕かれた。


■老化の次に出てきたガン問題

 テロメアをハッキングした細胞は高い確率でガンを引き起こすのだ。

 老化をテロメアの書き換えで克服した人は、確実にガンになる。つまり老化の治療によって、老化の次の二番目に死に至る病を引き起こすのだ。それがこれまで老化治療が突き当たってしまっていた壁だった。

 だが、そのガンの治療に革命が起きているのが現在だ。小野薬品が発売した夢の新薬と呼ばれる「オプジーボ」は、肺ガン患者の2割に対して、増殖を抑えるだけでなくガン細胞がほぼ消えてしまうという画期的な結果を出したことで話題になった。

 実はオプジーボの成功は、ガン治療革命のひとつの側面でしかない。なぜオプジーボが2割の患者に効いて、言い換えると8割の患者に効かないのか? それがプレシジョンメディシン(精密治療)と呼ばれる最先端の治療革命に関係する話だ。

コメント

1:匿名2017年2月17日 17:13 | 返信

アンチエイジングPR記事みたいなので、1ページ目で読むのをやめた。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。