>  >  > 空軍機とUFOがニアミスの決定的瞬間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 中南米諸国がUFO出現のメッカとして知られていることは、これまでトカナが何度もお伝えしてきたとおりである。とりわけ活火山の火口付近で定点カメラに映り込むケースが多く、原因についてさまざまな臆測も飛び交っているが、いまだ真相は闇の中だ。しかし現在、火山の定点カメラではなく航空ショーの場で、大勢の観客の眼前にUFOが飛来するという事件が発生、各メディアを巻き込み大騒ぎとなっているようだ。

Halcones_3.jpg
画像は、「UFO SIGHTINGS HOTSPOT」より引用


■空軍機とUFOがニアミス!

 英紙「The Daily Mirror」によると、衝撃のUFO事件は、今月10日にチリのプエルトバラスで行われた同国空軍(FACH)が主催する航空ショーの最中に発生。会場を訪れていた数百人の観客が同時に目撃していた。もちろん、その決定的瞬間を多くの人々が映像として残すことに成功している。では、それらを編集した動画をじっくりご覧いただこう。

動画は、「YouTube」より

 雲ひとつない真っ青な空。周囲に轟音を響かせながら、曲芸飛行をこなすアクロバットチーム「アルコネス(HALCONES)」のプロペラ機。そして1機が、まるで大空に吸い込まれるように急上昇した瞬間のことだった。どこからともなく白光りする飛行物体が出現、まっすぐにプロペラ機の方向へと向かって行くではないか。

Halcones_2.jpg
画像は、「YouTube」より引用

 このままでは危ない、ぶつかる――! と思いきや、謎の飛行物体は航空機の前方ギリギリを、かすめるようにして飛び去るのだった。まさに、空軍機とUFOがニアミスを起こした決定的瞬間だ。


■専門家「エイリアンが人間の技術レベルを探っている」

 事件発生直後から、多数の目撃者たちが動画や写真をSNSに次々とアップ。UFOの正体について議論が始まった。「宇宙船では」とする意見もあるが、そもそも宇宙を飛行する宇宙船が地上から目視できるとも思えない。「隕石だろう」とする声もあるが、大気圏突入時に燃えている様子が見られないうえ、“尻尾”も確認できない。また、「鳥かもしれない」という指摘も、その直線的な飛行軌道と超スピードからして正しいとは思えない。結局、誰も答えを導き出せずにいるようだ。

コメント

3:匿名2017年2月22日 02:05 | 返信

ウェアリング出てくるとくっそ萎えるようになった
ちょっとは考えろよ

2:taka2017年2月21日 11:19 | 返信

飛び方や羽ばたきや反射から、どこをどう見ても鳥だろうが!

あ、申し訳ございません。スコット・ウェアリング大先生がUFOとおっしゃるなら、まちがいなくUFOでございました

1:匿名2017年2月21日 09:45 | 返信

プロペラ機を最新鋭の技術と思い込んで偵察に来るなんて、間抜けな異星の方々だ。
空軍も安全確保のために航空ショーを即刻中止にして、スクランブルをかけなかったのはなぜか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。