>  >  > “しっかりと立つ”2千年前のディルドを発掘

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 昔も今も、性的快楽を追求したアダルトグッズの基本中の基本は「ディルド」だ。日本語で言えば「張形」、電気で振動するようになると「バイブ」になる――。


■2000年前の“大人のおもちゃ”を発掘

 このディルド、その昔は今のような純粋なアダルトグッズとしてだけではなく、子孫繁栄・子宝の象徴とされ崇拝の対象だったのではないかともいわれている。しかし、やはりセックスの快感は今も昔も変わりない。

 記録では、相当昔からこのディルドの存在が確認できるが、今回イギリスの「Daily Mail」紙でレポートされている古代中国のディルドは、おそらく実物が現存するものでは世界最古のモノなのではないだろうか。

 今回レポートされているディルドは2つあり、その2つとも約2000年前の漢代(BC206~AD220)のものであるとされている。ひとつは、現在の上海市近郊の江蘇省・儀徴市で発掘されたものである。造形的には、なかりリアルに作り込まれており、陰茎の根本にあたる部分にはリング状の加工が施されている。これは2012年に発掘された後に、儀徴博物館に保管されている。

ancientsextoys1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 博物館の学芸員によれば、このブロンズ製のディルドは、前漢時代(BC206~AD)の豪族の墓から発掘されたものであるとのことだ。

 もうひとつは、当時の王族が所有していたものではないかとされるもので、2009年に江蘇省のクイ県で発掘された後、南京博物館に保管されている。このディルドも、もうひとつのものと同様にブロンズ製で、やはり造形的にはかなりリアルに作られている。

 また、こちらの根本は平らな台座が付けられているような形状で、モノはしっかり自立している。2011年には、このディルドが発掘された墓が、漢王朝の自治王国である江都の初代の王のものであることがわかり、このディルドが王族の所有であることが判明した。

ancientsextoys2.JPG
 「Men's Health」の記事より

 この江都の初代の王は、時の漢王朝の皇帝である武帝の弟とされる人物だったことから、相当由緒正しい「大人のおもちゃ」ということになる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。