>  >  > 【閲覧注意】ラーメンの価格に激怒し店主を斬首

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ラーメン

,

中国

,

山下史郎

,

斬首

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1702_ramenmanbeheaded_1.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 115 of "Massacres of Christians by heathen Chinese, and horrors of the Boxers; containing a complete history of the Boxers; the Tai-Ping insurrection and massacres of the foreign ministers; manners, customs and peculiarities of the Chinese (from Flickr, CC BY 2.0)

 世の中にはとんでもない理由で殺人を犯す人間がいる。2012年1月には米国テネシー州でFacebookを巡った殺人が行われた。同州に住む夫婦はある日、友達リストから1人の女性を削除したという。夫婦の行為にキレた彼女の父親と彼氏が夫婦宅に侵入し、銃を発砲し2人を殺害。その後発見された夫婦の遺体の頭には銃弾が、さらに夫の首には掻き切られた跡があった。

 考えられないような事件が起こるのは、お隣中国でも同じ。動画サイト「LiveLeak」では、馬鹿馬鹿しい理由で起きた悲惨な事件が報道されている。事件が起こったのは中国・北京。ラーメン店を経営していた42歳の男性が客との口論の末に、首を切断されたというのだ。店で食事をしていた22歳の男は3杯のラーメンを平らげた後、店主がラーメン一杯につき1元(日本円で約16円)多く徴収していると激怒。喧嘩に発展した後、客の男は店主の首をキッチンナイフで切断し、近くにあったバケツに捨てたという。写真を見る限り、切断された頭部の額もスッパリ切り開かれ、中の脳ミソの具が露見している。地元紙によると店主の男性は正直者で、今まで客を騙すようなこともなかったそうだ。


■東京のラーメン店でも酔った客による凶行が…

 東京都北区にあるラーメン店では、来店していた男が別の客に暴行を加え死亡させた事件も発生している。犯行に及んだ男は体重120kgもある巨漢。隣に座っていた客の些細な言葉に激昂した男は相手を床に倒した後に顔や腹を複数回踏みつけ、内臓に損傷を負った客の男性はその後死亡した。警察が到着するまでの間、犯行に及んだ男はラーメンを注文し食していたという。当時の男の状態は、酒に酔いベロベロの状態だったそうだ。

 ラーメンの価格にいちゃもんを付け店主を殺害する男まで存在するとは、世も末だといえよう。このような惨たらしい事件が、2度と繰り返されないことを願うばかりだ。
(文=山下史郎)

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?