>  >  > クラブでモテまくる最強の踊り方が科学的に判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 嫉妬、羨望、驚嘆――ダンスフロアで、そこだけライトが当たったかのように、周囲からの視線をくぎ付けにする女性がいる。いきなり躍り出たかと思うと、女っぷりのいい彼女たちは、なまめかしく腰をひねり見せつけてくれるのだ。やんやの喝采を浴びるダンシングクィーンの誕生。だが、そこには人類の進化の軌跡が隠されていたのだった。


■アシンメトリー(非相称)な動きをする女性が一番セクシーに踊る

 英紙「Daily Mail」(2月9日付)によると、英ノーサンブリア大学が行なった身体の動きに関する研究で、「ヒップを大きく揺らしながら、アシンメトリー(非相称)な手足の動きをする女性こそ一番セクシーに踊る」ことが判明した。

 実験では、まず39名の女性被験者にシンプルなドラムビートに合わせて踊ってもらい、その姿を3Dモーションキャプチャ技術で録画。次に、彼女たちをアバターにして1人15秒の動画を作成、ダンスのうまい下手を男性50名、女性143名に評価してもらうという手法がとられた。

asymmetricallydance1.JPG
Daily Mail」の記事より

 しかし、なぜアバターに加工しているのかといえば、深い理由があるのだ。

「人は、誰かが踊っている姿を評価するとき、そのダンサーの外見やプロポーション、肌の色、服装などに目がいってしまい、どうしても先入観が生まれてしまうのです。ですから、すべての被験者を3Dアバターに投影して容姿の特徴を消し、純粋に“踊り”にだけ集中してもらいました」(ノーサンブリア大学心理学准教授で論文主筆であるニック・ニーヴ博士)

 そして実験の結果、次の3つの動きがとりわけ高評価になったという。

1. おしりをフリフリ
2. 非対称に両腕を動かす
3. 非対称に太もも(脚部)を動かす

 これは、女性がどんな風に踊るかで“イケてる”“ソソらない”と違いが生じることを科学的に証明した実験結果といえる。つまり、あまりおしりを振り回さない左右対称の“おしとやかダンス”より、大胆に身体をくねらせて腰を振りながら、太ももをアシンメトリーに動かす女性の方が魅力的ということらしい。

asymmetricallydance2.JPG
Daily Mail」の記事より

 たとえば、キャメロン・ディアスとジェニファー・ロペスを比べたら、キャメロンの踊りよりジェニファーのほうがセクシーかもしれない。個人的には、キャメロンの健康的なお色気が好きだが、ダンスに関しては、たしかにアグレッシブなジェニファーのほうが一枚も二枚もウワテだろう。

最初の30秒が“良いダンス”、次の30秒が“悪いダンス” 動画は「YouTube」より

 研究者らは「ダンスを披露することは、人類が進化していく上でメリットがあったのでしょう。たとえば、ヒップをひねって踊るという行為は、女性らしい特性を明白に顕示し、子どもを生むための若さや繁殖力が見てとれます。また、手足を左右非対称に動かす姿からは、運動や神経の機能に支障がなく、生殖のための健康的な遺伝子をもっていると判断できるからです」と結論づけている。

コメント

1:匿名2017年2月27日 14:10 | 返信

男の動きも教えて欲しいわ
クラブ行っても乗り切れない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。