>  >  > 飛んできたタイヤが歩行者直撃→即死の瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1702_bumpingtirehitman_1.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 人の死とは、突然訪れるものだ。2014年11月には米国カリフォルニア州を走る国道28号線上で、飛んできたタイヤが運転中の車に直撃し、男性1人が死亡している。当時の報道によると、タイヤは国道28号線を南に向かって走行中だったトレーラーの荷台から落ちたもので、国道28号線を北へ運転していた被害車両のフロントガラスに直撃したという。地元警察はその後、トレーラーの運転手を拘束し、彼が法的に有効な免許証を所持していないことも突き止めている。何とも痛ましい事件だが、今月17日にはブラジルでも同様の事故が発生し、男性が1人死亡している。

 動画共有サイト「LiveLeak」に投稿された映像から最初に確認できるのは、道路を歩くカップルらしき男女の姿。すると、彼らの後方から突如としてタイヤが猛スピードで道路を横切り、男性目がけて一直線に飛んできたのだ。高速回転しながら大きく飛び跳ねるタイヤは、不幸にも男性の後頭部を直撃。その勢いで地面に体を真正面から打ちつけた男性は、ピクリとも動かない。周囲に助けを求める彼女の姿がとても痛々しい。実は、日本でも昨年11月に栃木県宇都宮市にある「日光サーキット場」で、ドリフト走行を練習していた車体からタイヤがはずれ、近くにいた女性に直撃、意識不明の重体に陥り、その後死亡するという事故が起きている。


■タイヤの破裂は手榴弾並みの威力…

 タイヤによる事故は、なにも“直撃”だけに限らない。タイヤの“破裂”が原因の事故は、年に1度のペースで起きているという。劣化が進んだり、大きく損傷したタイヤに空気を充填中、圧に耐えきれず破裂するそうだ。特に大型車が使うタイヤが破裂した場合の威力は“手榴弾並み”と恐れられている。2014年には、滋賀県甲賀市にあるガソリンスタンドで、男性店員が大型トラックのタイヤへ空気を充填中に突如タイヤが破裂し、風圧で2メートル後方まで飛ばされて死亡する事故が起きている。

 普段から車を運転する人は、タイヤの取り扱いには十分注意しよう。
(文=北原大悟)

※お詫びと訂正=その後の報道により「男性は胸骨などを骨折したが命に別状はなかった」ことが判明しました。読者の皆様、及び関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、訂正いたします。(2/27)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名2017年2月27日 23:19 | 返信

亡くなってなくて良かった

4:匿名2017年2月27日 23:19 | 返信

亡くなってなくて良かった!!

3:皆神龍太郎2017年2月27日 07:45 | 返信

画像の左上の日付から、これは17日にあったというブラジルの方の画像と思われます。でも、すでに指摘のあったように幸いにも亡くなってません。胸の骨を折っただけで済んだようです。不幸中の幸いでした。

2:匿名2017年2月27日 02:28 | 返信

2/25(土)のTBS ニュースキャスター(たけしと安住さんの)でこのビデオ紹介してたけど、この人、死んでないよ。
このビデオには続きがあって、この後起き上がる。

1:ラフィアン2017年2月26日 15:24 | 返信

気の毒過ぎる。1秒早く通り過ぎていたら。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?