>  >  > 宇宙空間を泳ぎ回る「ドーナツ型クラゲ生物」NASA撮影

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 1996年、NASAスペースシャトル「コロンビア」が撮影したUFOが、21年越しに再び姿を現したとのニュースが舞い込んできた! ISSが撮影した決定的映像とともにお伝えする。

 1996年2月22日、スペースシャトル「コロンビア」の19回目のミッションであるSTS-75が実施された。長く強靭な紐(テザー)を使って宇宙船などの軌道を変更する「テザー推進」を実施したミッションとして宇宙開発史に名を残しているが、実は「UFO」の撮影に成功した映像としてオカルト愛好家の間でもよく知られたミッションなのだ。

 当時の映像がこちらだ。特徴的な「ドーナツ型」の機体をしっかり覚えておいて頂きたい。

動画は「YouTube」より引用
issjellyufo_01.jpg
画像は「YouTube」より引用

 それでは今回の映像に話を移そう。世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏が運営するブログ「UFO Sightings Daily」(2月24日付)によると、問題の映像は今月23日、UFO探求YouTubeチャンネル「Streetcap1」によって発見されたという。

 動画のタイトル「Space X Arrives at the Space Station. Feb. 23 2017. HD」からも分かるように、おそらく宇宙開発企業「スペース X」社が、今月19日にケネディ宇宙センターから打ち上げた「ファルコン9ロケット」搭載の「ドラゴン補給船」がISSに接近する様子を映し出しているのだろう。

 なにはともあれ、まずは映像をご覧頂こう。0:45あたりを注意深く再生して頂きたい。

コメント

9:匿名2017年12月 8日 03:10 | 返信

このサイトは知ったか集団なんだよ。
生物じゃない、展開するタイプのUFOなんだよ。

8:匿名2017年12月 8日 03:04 | 返信

相変わらずトカナの記事ってバカだな~知ったかが多いんだよ。
こういう切り込みのあるデザインのUFOなんだよ!
そこからパーツが展開するようになっている。
知り合いのコンタクティーが割りとキレイんばカラー映像を持っているし
展開してるシーンの映像も外国で十年くらい前に撮影されている。

7:匿名2017年2月26日 23:29 | 返信

間違いなく未知の存在。だが「伸び縮み〜つまりこれは生物なのです」何でだよw

6:匿名2017年2月26日 08:32 | 返信

なんでスペースデブリがこのような動き方をするとは考えにくいっていうセリフを編集部は使っちゃダメだよ。それは宇宙現象観測所センターの北島先生が、虫の映像を「虫とは考えにくい」っていうときの決め台詞なんだから!

5:匿名2017年2月26日 05:34 | 返信

ダストかデブリにピントが合ってないだけだな
なんともお粗末な宇宙生物だなぁ。。。

4:匿名2017年2月26日 01:41 | 返信

関連キーワード:スコット・ウェアリング

この時点で本文読む気がゼロになる
ちょっとガチよりのオカルトUFO系ニュースだと
大体カラパイアの方が早いし、
最近トカナのブックマーク外そうか迷ってる

3:匿名2017年2月26日 00:16 | 返信

クラゲ型UFOはフリーダム!
人にとってのドローンみたいなものだったら面白いね。

2:匿名2017年2月25日 20:36 | 返信

わー、ぷらんくとんだーすごーい!

1:匿名2017年2月25日 17:47 | 返信

水中のゴミを映してる画像にしか見えんが

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。