>  >  > VX、サリン…殺人神経ガスの背景にナチス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳】第19回 VXとVX以上の超猛毒神経ガス 

re-ThinkstockPhotos-629578632.jpg
画像は、Thinkstockより

「毒ガス」と呼ばれる化学兵器の中でも、少量で人間クラスの大型動物をも数分以内に死に至らしめる、最強ジャンルに、「神経ガス(nerve agent)」があります。神経ガスの一群は、人間を瞬時に殺すことを研究してできあがった、まさに殺人専用化合物です。

 ただし、神経ガスといっても“蒸気圧(揮発しやすさ)は低いものから高い物”までさまざまで、単体が化学兵器として使われるというよりは、アセトンやクロロホルム、ベンゼンのような有機溶剤に溶かされた状態で運用されることが多いので、神経「ガス」と呼ばれているだけで、化合物としての性質はまちまちです。

 ともあれ今回は、有名な「サリン」をはじめとして、数多くの人殺し専用化合物が生み出された「神経ガス」が完成するまでの壮絶な歴史背景と、その効果についてまとめておきましょう。


●すべての始まりはドイツの殺虫剤研究者

・サリン誕生とナチスドイツ

 殺虫剤というのは虫の見た目には何の影響も与えず、“吹きかけるだけでコロンと殺せてしまう”わけで、これ即ち、昆虫の神経に直接作用して致死的な効果をもたらしているということになります。

 もちろん大半の殺虫剤は、昆虫の生理機能には極めて猛毒でも、我々ほ乳類にとっては毒性を気にするレベルではありません。しかし、科学的にみれば虫と人の逆転殺戮ガスもありえます。例えば一酸化炭素なんかは、人間には超低濃度でも猛毒ですが、昆虫の血液は一酸化炭素と反応することがないので、たとえ致命的な濃度でも虫は平然としているわけです。

 閑話休題。

 サリンをはじめとする神経ガスは1936年(昭和11年)ナチスドイツ、殺虫剤が効きにくいシラミに対して有効な殺虫剤を研究している最中に偶然発見されました。

image224s.jpg
ゲハルト・シュラーダー博士

 開発者はIGファルベン社(Interessen-Gemeinschaft Farbenindustrie)のゲハルト・シュラーダー博士。

 当時博士は、このシラミに対して有効な新型殺虫剤(のちにタブンと銘々される)をデモンストレーションしたのですが、シラミはもちろん実演を見に来た人もバタバタと縮瞳を起こして倒れるというトラブルがあり、それがナチス政権の耳に入り、殺人ガスの研究をするように命じられました。その後博士の下に、何人かの化学者が加わり、「サリン」が開発されたのです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。