>  >  > 人体に新たな臓器発見!東洋医学は知っていた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【取材】こないだ西洋医学で発見された人体の新臓器「腸間膜」、東洋医学は前から知っていたことが判明!

 人体の解剖学は、医学の基本ともいえる分野であるものの、その起源ははっきりとしていないとされている。ただ、少なくとも紀元前3500年ごろの古代エジプト時代には記述が残されており、おそらくそれ以前から死者の身体を切り開き、中がどうなっているかを知ろうとする行為は繰り返されてきたと推測するのは、ごく自然な流れであろう。 ■「腸間膜」は臓器だった!  この古代の解剖学から、中世のヨーロッパの解剖学...

関連キーワード