>  >  > 動物園に侵入した男がトラに喰い殺される映像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1702_tigereatsman_1.jpg
画像は、Crooklar / Sumatran Tiger (from Flickr, CC BY 2.0)

「百獣の王」の異名をとるライオン。“ライオンに襲われた”と聞くと、女優の松島トモ子を思い浮かべる人も少なくないはずだ。彼女は運良く生き延びたが、実際にライオンによる人間の殺害事件は何度も起きている。2016年には、インド西部グジャラート州の住人がライオンに襲われる事件が多発。3人の死亡が確認された他、4人が重症を負ったと報道じられた。彼らを襲ったのは、絶滅危惧種にも登録されている“インドライオン”で、生息する17頭を捕獲したところ、少なくとも1頭の排泄物から人間の毛髪などが見つかったという。

 動物による痛ましい事件は、中国の浙江省寧波市にあるヤゴール動物園でも起きている。海外動画共有サイト「LiveLeak」によると、その日、動物園に不法侵入した男は安全柵を飛び越えてトラが生息しているエリアに許可なく立ち入り、まんまとトラに噛みつかれてしまった。男は必死に抵抗したが、トラは首に噛みついたまま離そうとしなかったため、係員によって頭を打ちぬかれて殺されることになった。噛みつかれた男性は直ちに病院へと搬送されたが、傷は思いのほか深かったようで、間もなく死亡したという。


■人間にとってもっとも脅威となる生物とは……!?

 ライオンやトラによる被害が報道される一方、人間にとってもっとも危険な生き物とは意外にも「蚊」だという。蚊は、世界中で猛威を振るう“マラリア”の元凶であり、“デング熱”や“黄熱病”など感染症の媒介となる。世界では、蚊によって年間約70万を超える数の人間が死亡しているともいわれており、あのビル・ゲイツ氏も、蚊の危険性を訴えるビデオを制作したほどだ。

 日本ではほとんど耳にしなくなった「狂犬病」も、世界を見わたせば年間5万人もの犠牲者を出している。また、動物園の人気者のイメージから、のんびりで大人しい動物と思われがちなサイも、実は狂暴な動物として恐れられている。縄張り意識も高く、年間約500人もの命を奪っているという。ちなみに、マサイ族が一番恐れる動物は、ライオンではなくカバなのだとか。“地上最強の生物”と囁かれることもあるカバだが、こちらも年間約500人もの命を奪っている一方、ライオンによる被害は年間100人程度。また、映画『ジョーズ』の影響で“人喰いザメ”のイメージが定着したホホジロザメの被害件数は年間10人程度と、こちらも意外に少ないようだ。

 知能と文明の利器を手に入れた人類は、自分たちこそ地上最強であると勘違いしがちだが、やはり野生で生きる動物に生身で挑むことは無謀なようだ。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名2017年10月23日 12:07 | 返信

誰もトラが悪いなんて言ってないのに勝手に動物は悪くないとか言い出す偽善者w

4:匿名2017年4月29日 22:38 | 返信

トラは悪くない。本能で行動する動物であるトラの恐ろしさを理解できない理屈で行動する人間である低脳バカの浅はかさ。それを人権という勝手な人類の理屈で動物に強要する人間の浅はかさよ。

3:匿名2017年3月27日 11:32 | 返信

虎に罪はない。
虎が本当にかわいそう。

2:匿名2017年3月27日 01:53 | 返信

入場料を払いたくないから、塀を上って降りた場所がトラエリア。で死亡
馬鹿 中国人w

1:匿名2017年3月26日 20:18 | 返信

悪いのは侵入した男じゃないか。
虎が可哀想。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?