>  > 【画像】解体業者に取材「ヤバイお宝7」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

たけしな竜美

,

解体業

●解体業者が横領疑惑で炎上、だが現場では「どこでもやっている」

 2016年3月ごろ、解体業の親方をしているという人物のTwitterが炎上しました。「解体中の家屋から出てきた39万円をネコババした」というツイートと同時に、現金の写真をアップロードしたことがきっかけです。


kaitai-22.jpg
該当ツイッターは現在削除されています

 ですが、現役の解体業者に話を伺ってみたところ「この程度なら公になっていないだけで、解体業者なら大なり小なりどこでもやっていること。それよりも、他では見られないような面白いものが結構出てくる」とのことでした。

 それでは実際のところ、解体現場からは一体何が出てくるというのでしょうか。一般にはほとんど知られていない、家屋解体作業の裏事情に迫ります。


●解体現場から出てくる珍品の数々

 建物解体の手順としてはまず、依頼主に必要なものをすべて持ち出して貰った後、家の中に残された家具などの物品を運び出す『ゴミ拾い』からはじまります。

 依頼主が残した不要物の中には、実は骨董価値、コレクター価値のあるもの、例えば着物、反物、屏風、ふすま、欄間(らんま。和室の天井と鴨居の間にある板)、古銭、ブリキのおもちゃ、古い瓶や缶など、様々な物があります。

 価値の有無を問わず、これら家屋から出てくる不用品すべてを指して『デモノ(出物)』と呼ぶそうです。それらが処分される前に見せて頂いた、特に興味深いデモノの数々を紹介していきます。


1、教育勅語の石版

kaitai01.jpg

 重くて分厚い、立派な大理石です。菊花紋章と、明治天皇が教育に関して与えたおことば「教育勅語」が彫られています。学校施設の関係者が保管していたのでしょうか。


2、日本刀

kaitai02.jpg

 抜いて斬り付ければ、鋭く切れる本物です。上の刀は柄がなく、また茎(なかご。刀身の柄に被われる部分)に銘こそ見られないものの、目釘孔(めくぎあな。柄に刀身を固定する目釘を通す部分)がしっかり空いています。骨董業者によれば「両方とも軍刀で、上の直刀は儀礼用、下は実戦用」とのこと。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。