>  > 冨田真由さん事件後、タレントの警備を強化したのは1割程度!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ストーカー

,

冨田真由

,

吉沢ひかる

0224stlaker_01.jpg

 2016年5月、アイドル・シンガーソングライターとして活動していた冨田真由さんが、都内のイベント会場の入り口で、ファンの男性に刺され重症を負うという痛ましい事件が起こった。犯人はファンとしての思いが恋愛感情に変わり、やがてストーカーと化した末、犯行に至ったと考えられており、現在は裁判が行われている。

 こうした犯行は絶対に許されるものではないのは当然だ。しかし、だからといって今回のケースを「たまたま起きてしまった不幸な事件」だとして片付けてはいけない。先日、有名アニメ監督が自身のブログで事件について語り、犯人が100%悪いとしながらも、冨田さんにももう少し事件を未然に防ぐための危機管理意識が必要だった可能性を指摘して一部で批判が出ているが、今回は、それぞれの芸能事務所はこの事件をどう考え、どのような対策を講じているのか、関係者に話を聞いた。

「彼女の事件後、所属タレントには身辺を警戒するよう伝達しました。ただ、うちの場合はアイドルやモデルがメインでありながら、その8割は専属のマネージャーすらついていません。そのため、これまでと何かが変わったかといえば何も変わっていないのが正直なところです」(芸能プロ幹部)

 この関係者によれば事件後、それぞれに注意喚起を促したのみで、具体的な対策にまでは至っていないという。その理由は、お金だ。

「それぞれにマネージャーをつけられるだけの費用がありません。よほど売上に貢献している子なら別ですが、売り出し中の子にはコスト的に不可能です。また、アイドルに関しては、彼女たちを完璧にガードすればいいというわけではないんです。ファンたちにはできるだけ、“アイドル”を身近に感じてもらいたいので、アイドルとファンというその関係性の中に割って入るようなマネは極力避けたいんですよね」(同)

 金銭的な事情だけではなく、このファンとの距離感も悩みの種だという。別の関係者からも同じような話が聞けた。

「AKB48さんは『会いに行けるアイドル』としてブレイクし、これ以降のアイドルはファンとの距離を縮めるようになりました。その結果熱狂的なファンがつき、活動が成り立っているアイドルもたくさんいるんです。また一方で、富田さんの事件のように恋愛感情を抱かれるケースに発展しやすく、危険性も高まっています。そのため、経費のことを抜きにしても、どうしても警備強化派と現状維持派にわかれてしまい、事務所としては悩ましいところなんです」(プロダクション関係者)

 たしかにファンとの距離感も重要だが、タレントの身の安全を優先して考えてほしいものだ。無論、中には積極的に対策をとっている事務所も存在した。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。