>  >  > 宇宙は0と1からできていることが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 IT関連の技術者や数学関連の専門職に就いていなければ、高校の数学で習うn進法(記数法)のことなどは、すっかり忘れてしまっている人のほうが多いのではないだろうか。その単元で習う2進数は、一般的にコンピュータの言語として利用されていることは広く知られているが、実はこの2進数で「すべて」が記述できるということが、イギリスの「Express」紙でレポートされている。


■宇宙に関するどんな情報や理論も0と1で記述することが可能

 ここで言う「すべて」とは、任意の何かをすべて記述できるということではなく、宇宙(ユニバース)さえも0と1の2つ数字の集合体であるということを意味する。

 数学的にごくごく簡単にいえば、2進法とは0と1の2つの数字だけを使う数を表す表記方法で、普段0~9までの10個の数字を使う10進法が10ごとに桁が繰り上がるのに対して桁は2で繰り上がる。

(10進数=2進数)1=1、2=10、3=11、4=100、5=101、6=110、7=111、8=1000、9=1001,10=1010……となる。

 コンピュータの世界では、電子回路におけるオン/オフやプラス/マイナスといった2極で構成されているので、それぞれを0と1に置きかえる数値表記が最適とされ、情報は2進数で書かれていることが基本にある。この0と1だけ書かれている情報は、バイナリーコード(バイナリーデータ)と呼ばれている。

 100年ほど前、アインシュタインが一般相対性理論を確立して以来、自然科学の分野では、相対性理論や量子論の物理学的な統一理論の確立を目指しているが、まだその論理の発見に至っておらず、ある意味論理物理学は大きな壁に阻まれているという状態にある。つまり、宇宙をつくりあげている時間と空間をひとつの時空として取り扱うための一本化された理論がまだ見つかっていないということである。

binaryuniverse1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 しかし、もっとシンプルに数学的に考えてみれば、すべての情報は一連の数字に置き換えることが可能であり、したがって宇宙に関するどんな情報や理論も突き詰めていけば、0と1で記述することが可能なのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。