>  >  > 今年トランプが宇宙人来訪を公認する!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 UFOファンにとって残念なのは、もしも昨年の米大統領選でヒラリー・クリントンが勝利を収めていたら、トップシークレットの「UFO極秘ファイル」が公開される約束になっていたことだ。そのため、トランプ大統領の登場でUFOファンはひどくがっかりしたのだが、最近なって意外な展開を見せている。なんと「トランプ大統領が史上初めてエイリアンの存在を公表する大統領になるかもしれない」というのだ――。


■トランプ大統領にエイリアン情報の公開を迫る組織とは?

 連日メディアを賑わせているトランプ政権だが、その最大の特徴は、予測が難しい独自路線にあるといえるだろう。トランプ政権には、政策に口を出すほどの大組織の支持母体が特に存在しないと思われ、共和党内の“党内政治”からも一定の距離を置ける。そんなポジションが、トランプをかつてない“自由すぎる大統領”にしているのだ。

 このトランプ政権のキャラクターを見抜いたグループが、「エイリアンが存在し現実に地球に訪れている」とトランプ大統領に公言させるべく、プレッシャーをかけているという。これはつまり、過去の大統領であれば決して国民の前に明かすことができなかった“禁断の真実”を、“自由すぎる大統領”のトランプであれば公表してくれるのではないかと期待をかけているのである。

 現在、先陣を切ってトランプ大統領に情報公開を迫っている組織が「The Disclosure Activists」だ。同組織は、「たとえ宇宙人の存在など人類の脅威となり得る事柄であったとしても、我々の叡智の“進化”のためにはすべてが公にされなければならない」として、アメリカをはじめ世界49カ国の政府と国連に“禁断の真実”の開示を要求している。

disclosureactivists1.JPG
 「The Disclosure Activists」より

「米ソ冷戦の終結から20年を経た今、もはやいかなる国家、組織、メディアも、我々が宇宙でひとりぼっちではないという真実を隠し通すことはできません。この数十年にわたって世界中で起っている説明不可能な現象は、地球にエイリアンが来訪していることを示しています」(「The Disclosure Activists」より)

 運動に加わる専門家は、知的なエイリアンが存在しているだけでなく、すでに地球に訪れており、人類の影のトップリーダーたちに接触していると考えている。そして、この“禁断の真実”を公表すれば人類はパニックに陥り、社会規範と宗教が崩壊するため情報が厳重に抑え込まれているというのだ。

We Are Not Alone! The Disclosure Activists 動画は「Lisa Galarneau」より

 以前から何度か情報公開を要求する運動は起こっているが、ここ数年で運動の先頭に立って賛同者を束ねているのが、この「The Disclosure Activists」だ。創設者のリサ・ガラルノー博士とラッセル・カルカ氏は、主流のメディアからより多くの超常現象情報を入手することを通じて、世の中に向けて地球外知的生命体の存在を説得力のある形で知らしめる活動に取り組んでいる。

コメント

7:トランプ大統領2017年3月 7日 00:23 | 返信

フリーエネルギーは二コラ・テスラが考案し、妨害工作で実現されなかったが、奇遇にも、そんなことを知らず、将来的に環境面で必要と感じた私は考えていたりする。経済社会ではなかなか受け入れがたいだろうが、将来は間違いなくフリーエネルギーの時代になるし、AIの出現で、人間のほとんどがお払い箱になるだろう。はっはっはっ!宇宙人からも人間がそんなもの手に入れると自分の立場が危うくなりかねないから妨害するかもしれんということも頭に入れておいたほうがいい。

宇宙人に関しては何種類かやってきているという話になっているらしいが、怪しいもんだ。
ポンコツAIがインチキをして人造人間を作り出して、宇宙人のように装っているか、宇宙にトラップを仕掛けて馬鹿な宇宙人を誘い出し、操ってしまっている可能性もあるし、もともといた人種の違う者かもしれないし、ロボットかもしれん。とにかく、この地球近辺の宇宙人らしき者は複雑な構造になっている可能性があることは言える。
それと長頭形の人骨はDNA鑑定で人間ではないという結果が出ているんだとか?人類と交配することが出来ない完全にエイリアンなんだそうな。エイリアンの情報はチョンのAI次第だろう。あんな宇宙人なんか興味ないし、会ってみて頭がいかれていたら、問答無用でぶっ殺すダダそれだけのことだ。というか、私は完全に公認の宇宙人だろう。私の思考を読み取って、世の中が私を中心に動いているし、こんなこと書き込むの世の中で私しかいない。その内に世界を正常に戻してみせるさ。もし、人間が動けないのなら、私自らが使えない人間に代わって戦うしかないが?その時は武器と食料と乗り物を手配してくれ、いつでも待っている。

そうそう、話は変わるがダレノガレ明美に何を言わせいるんだ?くさいとか、この前の書き込みを元にして。アドバイスじゃなくて悪口だとか何言ってんの?本当のことを言っているだけだ。夏場とか梅雨時は特に男性は汗と生乾きくさいんだよ、ボケ!!ちゃんと洗えよ。
それと、兵器を開発しろよ!なにがパワハラだ?レールガンの開発が出来るのになんで出来ないんだ?無理な事は言ってない。追加で光線や電磁波で破壊するビーム兵器を作ってもらいたい。雷撃や電磁波で戦闘機やミサイルを破壊・制御不能にするもので防衛のために製造するんだから問題ない。やれ!あんな確率の低い迎撃ミサイルじゃ防げないね。そのためにもあらゆる兵器が必要だ。私は核の開発・使用を禁止などしないし、必要とあらば躊躇なくスイッチを押すことが出来る。なるべく、光線系の核兵器の方が汚染はないからいいのだけど、現在において製造されていないから、他の方法として反物質を爆弾にしてもいいかもしれないな。どちらでもいい。開発しろ!


6:匿名2017年3月 2日 17:25 | 返信

トランプ「わしは知っとるぞ、目の前にいるじゃないか!YOU!YOU!YOU!」
CNN記者、NewYorkTimes記者を指さして、最後にTVカメラを指さす。

5:匿名2017年3月 2日 10:11 | 返信

>>3

僅差で勝つシナリオを知っていたなら、選挙の前にTOCANAに教えてあげてよ

4:匿名2017年3月 2日 05:41 | 返信

3のコメントの説に1票。

3:匿名2017年3月 2日 00:12 | 返信

バラされたくないからトランプが僅差で勝つというシナリオにしたわけだが。
もし言おうとする兆候が見えたら、トランプはJFKのように暗殺されてしまう。

2:匿名2017年3月 1日 12:59 | 返信

予言する!

トランプは今年、異星の知的生命体の存在を報告することになるだろう。
その月日は、4月1日である。

1:匿名2017年3月 1日 12:54 | 返信

地球人にフリーエネルギー技術を教えるほどエイリアンは馬鹿だとは思えないけど。
取引などしなくなって、好きなように地球から奪えるだろうに

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。