>  >  > 「はじめてのおつかい」に届く“放送中止願い”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

クレーム

,

テレビ

,

吉沢ひかる

0301claim_main.jpg

 女優・香里奈主演のドラマ『嫌われる勇気』(フジテレビ系)が、日本アドラー心理学会から「ドラマにはきわめて重大な問題がある」と抗議を受けた。学会側は放送中止もしくは脚本の大幅な見直しを要望したが、フジテレビは放送を継続する意向であることも報じられている。

 この件だけでなく、最近のテレビ業界には各種団体や視聴者からの要望や抗議が多く寄せられている。そして、あの歴史ある番組にも同じような要望が届くことがあるという。

「放送中止を要望する声が時折届くのが、『はじめてのおつかい』(日本テレビ系)なんです」(テレビ番組関係者)

 1991年から始まり、お正月などの節目ごと年に数回ずつ放送されている同番組は、今年で26年目を迎える歴史ある番組だ。もはや説明は不要かもしれないが、同番組は生まれて初めておつかいに出かける子どもの様子を微笑ましく映し出している。

 なぜ、この番組に「放送中止」の声が届くのだろうか。

「番組を見たお子さんが『僕も(私も)おつかいにひとりで行きたい』と言い出すそうなんです。親御さんの立場からすると、これがなかなか複雑なのだとか」(同)

 子どもが率先してお手伝いをすると言い出すことで、どうして複雑な心境になるのか。

「今は通学途中に事故で亡くなる子どものニュースも増えています。また、放送開始時と比べて近所付き合いなども希薄になっているので、子どもをひとりでおつかいに出せる環境が整っている地域は稀。そのため、子どもにそういう意識を植え付けないでほしいという意味で『放送中止』の声が届くわけです」(同)

 たしかに昔と今では時代背景も異なるため、事件・事故を恐れる気持ちも理解できる。では、そもそも番組の安全管理はどうなっているのか。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年4月 8日 01:24 | 返信

BPOまではいかなかったが
NHKの女性アナの脇汗に 苦情殺到騒動もあったな

くしゃみしただけで尿漏れするようなジジババには 批判する資格なし
汗かくことの何が悪い???

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。