• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

堀北真希

,

引退

0701horikita_01.jpg
※イメージ画像:『堀北真希写真「Dramatic」』

 人気女優の堀北真希が2月をもって、芸能界引退と一斉に報道された。所属プロダクションのスウィートパワーとの契約満了となり、それを更新しなかったからだが、これは決して引退ではない。1年間ほど期間を空けて、夫の山本耕史の個人事務所に入り、芸能界に復帰することは既定路線となっている。

 芸能プロ関係者が証言する。

「堀北が辞めたかったのは芸能界ではない。スウィートパワーとの関係がこじれにこじれたため、ひとまず身を引くことに決めただけだ。最近よくニュースになる、プロダクションとタレントのいざこざと一緒だ」

 中学生の時にスカウトされた堀北は、所属プロダクションの名物社長の寵愛を受け、良い役をどんどん回してもらった。ドラマ「野ブタ。をプロデュース」(日本テレビ系)で大ブレークを果たし、それからは若手女優のトップの座に君臨し続けた。

「堀北が人気を維持し続けられたのは、清純派というイメージを作り上げたことも大きかった。スキャンダルがないことからジャニーズ事務所のお気に入り女優となり、ジャニーズドラマのヒロインに抜擢されることも多かった。また、特にスキャンダルにうるさいクライアント企業からの印象も極めて良く、CMオファーは途絶えなかった」と前出関係者。

 清純派のイメージを守るために、スウィートパワーは徹底して堀北からスキャンダルの火種を遠ざけた。この戦略は大当たりしたのだが、それと同時に堀北のストレスはどんどんたまる一方だった。

「変な虫が付かないように、事務所は堀北を徹底した監視下に置いたのです。堀北自身も夜遊びをしたいタイプではないのですが、さすがにずっと生活を管理されることに不満を持っていた。その不満が徐々に大きくなり、事務所と間に大きな溝ができたのです」と制作会社関係者。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。