>  >  > ヒ素汚染地域で、ヒ素に強い進化系住民が爆誕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

AS3MT

,

チリ

,

ヒ素

,

ミイラ

,

吉井いつき

,

壊死

,

遺伝子

 南米のヒ素に汚染された水を飲用している人々の間で、なんとヒ素に強い耐性を持つ遺伝子が広がっているという。科学メディア「New Scientist」が伝えている。

arsenic.jpg
画像は「New Scientist」より引用

■アタカマ砂漠の厳しさの中で

 南米のチリ、ボリビア、アルゼンチンに広がるアタカマ砂漠は、世界一乾燥している砂漠地帯である上、水源地のいくつかは高濃度のヒ素で汚染された、生命にとって極めて厳しい環境にある。とりわけ、チリ北部に位置するカマロネス渓谷のヒ素汚染は深刻で、水1リットル当たり1mgものヒ素が含まれているという。これはWHO(世界保健機関)が定めた安全基準の100倍に当たる。しかし、この地域には代替となる水源が存在せず、人々は7000年もの昔からヒ素に苦しめられてきた。

arsenic_2.jpg
アタカマ砂漠で見つかったミイラ
画像は「NATIONAL GEOGRAPHIC」より引用

 このカマロネス渓谷の人々の遺伝子を調べた結果、チリの他の地域の人々に比べ、高いヒ素耐性を有していることが判明したというのだ。今回の調査結果は2月発行された学術誌「American Journal of Physical Anthropology」に発表された。


■ヒ素、何がヤバいのか?

 そもそもヒ素は、岩石や土壌中に含まれているありふれた物質であり、河川や地下水を汚染することも多い。現代でも、南米をはじめインドやバングラディシュなど世界中のあちこちで、水源のヒ素汚染が重篤な問題を引き起こしている。

 高濃度のヒ素を含む水を長期間飲用した場合、まず皮膚の炎症や色素異常、しびれなどの神経症状が起こる。初期段階であれば治療も可能であるが、症状が進むと皮膚や内臓のガンが多発し、手足の末端は壊死することもあるという。また、流産や子どもの発育異常なども引き起こすといわれている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。