>  >  > 動心学で断言「2019年に巨大地震・氷河期突入 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
2019年に巨大地震、そして氷河期へ! 3.11と9.11を的中させた学問「動心学」で分析する戦慄の未来(みさと動心インタビュー)の画像1
左:みさと動心氏、右:深月ユリア 撮影:鈴木淳(しながわてれび放送)

■運命を分析する科学「動心学」

 米国のトランプ新大統領就任と強硬な政策、北朝鮮の金正男氏の暗殺――まさに激動の幕開けとなった2017年。これからの日本と世界は、いったいどのように変化していくのか? この不確かな時代を乗り越え、充実とともに生き抜くための術を見出すべく、今回筆者は「動心学」の創始者、みさと動心氏へのインタビューを敢行した。

「動心学」とは、自然科学の法則に基づき“運命を分析する科学”だという。動心学において生命の基本・宇宙の摂理は「6角形」、そして人間の運命は6の2倍である「12のサイクル」を持つと考えられている。みさと動心氏が動心学を創始したのは1991年だが、近年は東日本大震災やトランプ大統領誕生を的中させ、かつてないほど動心学への注目が高まっている。気さくでハッキリした物言い、そして知的な雰囲気を醸し出し、年齢を感じさせない美魔女であるみさと動心氏が語った“戦慄の近未来”とは……?


■東日本大震災とトランプ大統領誕生は動心学で説明できる

――まずはズバリお聞きします。なぜ、動心学では東日本大震災とトランプの勝利を予測できたのでしょうか?

みさと動心  東日本大震災に関しましては、2001年にアメリカで同時多発テロが起きた時から予測しておりました。日本とアメリカは「陰」と「陽」の関係ですから、アメリカで災いが起きれば、次は日本で起きます。

 アメリカは動心学でいうところの(成長しきった)「形成体の国」ですので、テロが起きやすい国です。同様に、中近東から北欧にかけてもテロが起きやすいです。一方の日本は(自然界と同じ運命を 歩んでいる)「成長体の国」ですから自然災害に見舞われやすい国なのです。

2019年に巨大地震、そして氷河期へ! 3.11と9.11を的中させた学問「動心学」で分析する戦慄の未来(みさと動心インタビュー)の画像2
動心学の「運命の時間」図
撮影:鈴木淳(しながわてれび放送)

 そして、動心学の「運命の時間」の計算から、巨大地震が起きるのは日本の無季地点(苦手を克服する時間。苦手なことが次から次へと訪れる)に当たる「卯の年」、つまり2011年だとわかりました。そして実際に、東日本大震災は「卯の年」「丑の日」「未の時間」に起きたのですが、これを動心学の図に当てはめると、トライアングルが形成されます。恐らく運命が引き合った結果だったのでしょう。もう一点、動心学において地震は「巳」に象徴され、その対極にある「亥」は核を象徴するのですが、日本で核といえば原発しかありませんね。原発事故も予期されていたのです。

――では、トランプ大統領の誕生については?

みさと動心  トランプさんの勝利は、動心学の分析によって「一つの時代が終わり、常識外れなことが次々と起きてしまう時代になる」ということがわかっていたため、不思議なことではありません。それに、トランプさんとヒラリーさんの運勢を分析すると、ヒラリーさんは2016年の運勢がひどく悪かったので、トランプさんの勝利を予測しました。

万象運命術 動心学

万象運命術 動心学

運命を分析する科学の書