>  >  > 「ファルコン9」ロケットにUFOが大接近!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 かのイーロン・マスク氏がCEOを務めるスペースX社の「ファルコン9」ロケットといえば昨年9月、試験中に大爆発する事故を起こしたことが記憶に新しいが、先日行われた打ち上げは見事に成功している。そして打ち上げ中の様子を撮影したロケット本体に備え付けられたカメラの映像をよく見ると、なんとそこには球体の未確認飛行物体が写り込んでいたのだ。


■ファルコン9に急接近したボール型未確認飛行物体

 先の2月19日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターからスペースXの「ファルコン9」ロケットが打ち上げられた。積載した宇宙船・ドラゴンを衛星軌道に運んだ一方、ロケット第1段は打ち上げから約8分後にケネディ宇宙センター隣のケープカナベラル空軍基地に見事に着陸している。

 大成功に終わった今回の打ち上げだが、なんと機体に取り付けられたカメラの映像に奇妙な物体が写り込んでいることがわかり、話題を呼んでいるのだ。

roundshapedobjec1.JPG
右側の映像の下部に突然球状の物体が現れる 画像は「Space Videos」より

 右側の映像はファルコン9のロケットエンジンにある排気ノズルのひとつをとらえたモニター映像のようだ。ロケットの機体はすでに大気圏に達し、人工衛星の軌道の高度(地上約400km上空)へとさらに上昇中である。YouTube動画の開始10~11秒に、突然メタリックな質感の球体が現れ映像に写り込んでいる。いったいこの物体は?

動画開始10秒前後に球状の物体が通り過ぎる 動画は「Space Videos」より

 この球体が何なのか今のところまだ判然としていないのだが、ロケットの部品である可能性もあるだろう。「UFO Sightings Hotspot」のコメント欄には途中で切り離して捨てるガスタンクであるという指摘も書き込まれている。

 昨年、トカナでお伝えしたように、9月の爆発事故の際にも不審な未確認飛行物体の姿が確認されている。もし今回の球状の物体が9月の飛行物体と何らかの関係があるとすれば、一転して話は予断を許さないものになるだろう。

コメント

2:匿名2017年3月 5日 14:19 | 返信

どうせもう強行するしかないんだしなるようになるだろ
いつまでもビビってもしゃーない
どうせ全部わかってるやつらなんだからドーンといけばいいんだよ
何がどうなってもその時はその時だ

1:匿名2017年3月 4日 18:56 | 返信

方向や大きさから考えて、船体から捨てられたものとみるのが自然かと思うお

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。