>  >  > 反対派が抗う「受動喫煙ゼロ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_smoking0306.jpg
「加熱式タバコ」や「電子タバコ」の禁煙効果や安全性については賛否両論が(http://jp.depositphotos.com)

 昨年(2016年)9月、厚生労働省が15年ぶりに公表した「タバコ白書」では、肺がん・虚血性心疾患・脳卒中などと受動喫煙との因果関係を「確実」と定義。受動喫煙を原因とする死亡者数も年間約1万5000人と推計していた(同省研究班調べ)。

 その際の記者会見で、塩崎恭久厚労相は「(東京五輪を控え)おもてなしの心として、『受動喫煙はありません』という国にかえていかなければならない」と明言している。

 そして先日(2月14日)の閣議後の会見で、今国会に提出予定の法改正案(受動喫煙対策強化)に関して、大ブレイク中の「加熱式タバコ」を規制対象とするのかどうかを問われた同相は、こう答えた。

 「(加熱式タバコも)受動喫煙の健康影響の可能性があるならば、規制しなくてはならないと考えているが、副流煙の健康影響は(現時点で)十分に明らかではない。すみやかに研究を進め、少なくとも法施行の段階までには判断したい」

 そんな厚労相のブレーン陣も判断材料の一つとして参照するかもしれない、新たな知見が『Annals of Internal Medicine』オンライン版(2月7日)に掲載されたので紹介しておきたい。

電子タバコは救世主となるのか?

 愛煙家が従来のタバコ類から「電子タバコ」へと完全移行した場合、発がん性物質や有毒な化学物質の摂取量を大幅に低減できる――。

 英ロンドン大学(UCL)のLion Shahab氏らは、英国がん研究所の助成を得て今回の研究を実施し、このように結論したのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。