>  >  > 【閲覧注意・精神】顔を撃たれた男がエビ反りダンス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

ブラジル

,

山下史郎

,

悪魔

,

霊媒師

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1703_manturnedtodemon_1.jpg
画像は、Maxwell Hamilton / Satan (after Botticelli) (from Flickr, CC BY 2.0)

 ジャマイカで11歳の少年が幽霊に取り憑かれ、様々な被害に遭っているというニュースが過去に報道された。映像には少年が据わる椅子が突然後ろに引っ張られたり、壁に寄りかかる少年の片足が急に浮き上がるなどの衝撃的な瞬間がカメラに捉えられている。幽霊の正体は過去に亡くなった少年の友人だというが、亡くなった友人が何故彼に悪さをするようになったかは不明だという。少年には霊媒師による祈祷が行われたそうだ。

 幽霊や悪魔に取り憑かれたというニュースは世界中で報道されているが、今回動画サイト「LiveLeak」にも信じ難い動画が公開された。ブラジル・リオデジャネイロの病院に顔面を銃で撃たれ負傷した男性が搬送されたのだが、男の様子が明らかに普通の患者とは違う。体を大きく後ろにのけ反らせ、つま先たちで歩く様は正気の沙汰ではない。不気味な笑い声や呻き声を上げ狂ったかのように大声で喚き散らす男は、一見すると薬物中毒者のようだが、「LiveLeak」によると、この男性はどうも悪魔・サタンに取り憑かれているという。病院内では、この男の様子を複数の医者らしき人物が撮影していることから、めずらしい症状であるのは間違いないようだ。


■ブラジルの少し変わった禁止事項

 悪魔の話題に事欠かないブラジルの一部福音派キリストのカルト教団では悪魔に関する変わった決まりがあり、USBマークの使用が禁じられているという。なんでもUSBのマークは悪魔・サタンが持つ三つ又の槍の形に酷似しているらしく、サタンはこの槍を地獄で魂を拷問するときに使うんだとか。そのためUSBを使うことは、サタンの信奉者であることを意味するという。しかしBluetoothの使用は許可されており、教祖はその理由を「青は救世主イエス・キリストの目の色」だからと明かしたそうだ。

 病院に搬送された男には治療よりも先に、悪魔祓いを執り行うことが得策かもしれない。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年9月21日 21:53 | 返信

ブラジルのやつは途中で「むちゃむちゃ御本尊」って言ってるから
悪魔じゃなくて神様だと思うんですけど(迷推理)

5:匿名2017年9月 9日 00:33 | 返信

背中を何かが支えているのか
だから手が何かをつかんだ状態か
こんなバランスで後ろ歩きとか、重力無視できるはずがない
もとロシアのバレエ団にでもいたと言うのか

4:匿名2017年3月15日 19:53 | 返信

ごく普通の変な人じゃん
悪魔とか言い出すほうが怖い

3:匿名2017年3月14日 13:32 | 返信

クスリでイッてるだけでしょうね。

2:匿名2017年3月14日 13:30 | 返信

薬じゃね?

1:匿名2017年3月13日 20:25 | 返信

怖い…

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?