>  >  > 【実録】福島県南相馬市に「異界への扉」がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 私は福島県南相馬市にて不思議な体験に遭遇したのですが、この話は、現在も友人と思い出しては語り草にしているので、記憶の錯誤はあり得ません。当時の鮮明な記憶を、すべて、そのままお伝えします。

minamisoma.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 2010年10月、南相馬市にあるわずか数件程度の小さな集落で起きたことです。それは、まるで里山を絵に描いたような、のどかな田舎でした。私と友人の2人は、以前仕事で訪ねたことがある田中さん(仮名・年齢非公表)のお宅を再訪する機会に恵まれました。田中さんの家は古いお屋敷ですが、敷地は広く、倉庫や納屋などもあります。専業農家でしたから、当然ですが立派な佇まいです。

 さて、仕事も一段落してから居間で田中さんと2人、世間話をしていた時のことです。突然、田中さんが話を変えました。

「そういえば半年前、うちの隣に住んでいる一人暮らしのおばあさんが、突然行方不明になったんだ。1週間も連絡がつかなかったから、警察を呼んで調べてもらったの。そうしたら、すぐに別の家で暮らしている息子さんの元に居ることがわかったんだけど、おばあさんは、そのまま一度も自分の家に帰ってこないの」
「田舎暮らしで、近所に挨拶もしないまま引っ越しする人なんていないよ。何十年もご近所さんだったのにさ。息子さんも、あとで電話をくれただけで、おばあさんの荷物を取りにやって来ないの。まるで夜逃げみたいに家を捨てちゃったもんだから、不審に思ってね。警察の人と一緒におばあさんの家を見に行ってみたんだよ」
「そうしたらね、家の中は慌てて逃げ出した状態がそのままだったの。でも、それがどうしてなのかはわからずじまい。もしよかったら、あなたにも見てきてほしい。何かわかるかもしれないから」
「ただし、引っ張られるな」

 この時、同行していた友人が、表に出ていく姿が見えました。どうやら隣のおばあさんの家へと向かっているようでした。居間から見えるので、私も田中さんも確認しています。ここまで田中さんの言葉「引っ張られるな」の意味が理解できずにいましたが、友人が隣の家へと、まるで吸い寄せられるように向かうのを見て危険を感じたのかもしれません。とりあえず私も、後を追いかけるように、急いで隣の家へと向かいました。

コメント

4:匿名2017年3月14日 14:00 | 返信

読んで損した気分

3:匿名2017年3月11日 23:38 | 返信

知ってるかい?月の裏側にはナチスの生き残りが作った秘密都市があるんだぜ。

2:匿名2017年3月11日 21:44 | 返信

知ってるかい? 
チェルノブイリ原発事故被災地で驚異のタイムスリップ現象が起きていたんだな
あと、福島原発事故被災地でも上記と同じ現象が起きていたんだな

1:匿名2017年3月11日 21:31 | 返信

知ってるかい?
神戸という都市には、神への扉があるんだぜ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。