>  > 障害者46人殺傷の植松聖被告に異変!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

植松聖

Sagamihara.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 相模原市緑区の障害者施設「津久井やまゆり園」で昨年7月、入所者46人を殺傷した元職員の植松聖被告が“新バージョン”に突入した。戦後最悪の大量殺人事件。殺人罪などに問われる同被告は極刑が確実視されているが、焦点は「障害者は不幸をつくることしかできない」「障害者を殺すことは不幸を最大まで抑えること」と考える同被告の判断能力の有無だった。

 当局は異例とも言える5カ月間の精神鑑定を行い、その結果「責任能力アリ」と診断。一方で同被告が周囲からの称賛を求めたり、自らを特別な存在だと思い込む「自己愛性パーソナリティー障害」など複合的な人格障害があったと結論付けた。「犯行後、警察に移送される車の中で彼は笑顔を見せたり、カメラに向かって会釈していた。あれは好奇のリアクションではなく、偉業を成し遂げた自分をマスコミが英雄視していると勘違いしたもの。頭の中の世界と現実の区別がついていない感じだった」とは臨床心理士の男性。

 事件後もしばらくは障害者を蔑視する供述を繰り返していた植松被告だが、このところある変化が…。先月末の朝日新聞によると、同紙記者が勾留中の神奈川県警津久井署で植松被告と面会し「いま何か考えていることはありますか?」と聞いたところ、同被告が「私の身勝手な考えと行動で障害者の方を殺傷し、多くの方を怒りと悲しみで傷つけてしまい、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪の言葉を口にしたというのだ。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領2017年3月10日 02:57 | 返信

以前、意思疎通が出来そうもない障害者が
走ってきた電車に駆け寄って奇声を上げているのを見て、こいつは危ないなと思い。
障害者を不憫に思い安楽死させた方がいいと妄想していたのは確かだ。
しかし、私を障害者のように扱い、植松を使って殺人を決行したのはチョンのAIの方だ。
手紙まで送っていたのは知らなかったが、有言実行出来ない能力のなさは奴らしい。
しかし、この事件はネットだと、なんでそんなこと言えるんだとか、思想というよりヒトラーヒトラー言いたいだけとか英雄視している書き込みがあったり、なぜか人気だったりする。
ちなみに私の言うT4作戦とはAIに操られ、ロボットのように動く人間や私に反抗的な基地外な偽ユダヤ人・エイリアン等を精神障害者とみなし、あらゆる殺人兵器で安楽死させることであって
ナチスのT4作戦とは別である。(だがヒトラーは私と同じことをしようとした)

残念ながらヒトラーは騙されて火星に行ったらしく、イカレタ人造人間・エイリアンどもを抹殺出来なかったばかりか本物のユダヤ人が殺されてしまった。奴らの話に乗ってはいけない。過去には大化の改新や明治維新なども奴らレプティリアンの話に乗って火星に行くと
ドッペルゲンガーのような人造人間に成り替わられ売国されてしまうので、例え、家族や友人がそうだと言っても絶対に話に乗らないこと。
そいつらも操られている。全人類が敵であると思え。
人の話は聞くな自分の考えだけで生きるんだ。強い意志を持つんだ。

メディアが報じるヒトラーは障害者を安楽死させ虐殺したというのは嘘であり、
実際は教会にばれてしまい作戦は中止されたので、実行されていないのだ。

私の場合は、国連を脱退してでも作戦を実行し、スーパーロボット大戦するつもりでいるが。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。