>  >  > 【閲覧注意】肛門域開放でEDペニス復活の瞬間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ED

,

ペニス

,

勃起

,

射精

,

山下史郎

,

施術師

,

男性器

,

肛門

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1703_edejaculated_1.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 961 of "Anatomy, descriptive and surgical" (1887) (from Flickr, CC BY 2.0)

「勃起不全(以下、ED)」は、男性なら決して他人事では済まされない病気だ。一概にEDといっても、完全に勃起しない状態だけではなく、“勃起を維持できず、満足のいく性交渉が行えない状態”もEDといえる。ある調査では、成人男性の24%がEDと診断されているという。また、年齢を重ねるほどEDの発症率も高くなるが、ストレスや不規則な食事、運動不足や喫煙といった生活習慣が原因となるリスクも同様に高まっていく。

 しかし、EDだからといって肩を落とす必要はなく、最近ではさまざまなED治療方法が確立されている。厚生労働省からの認可が下りているバイアグラなどの治療薬の服用、男性器へシリコンを入れて治すプロテーゼ法、男性器の機能障害を改善するコックリングなどがある。他にも精神的なストレスが原因のED患者に対しては、ストレスの軽減や性的コンプレックスの緩和を目的としたカウンセリングによる治療も行われるそうだ。

 そんな中、まさに“神の手”とでも呼ぶべきスゴ腕の施術師がここ日本に存在する。そして、彼がED患者に施した治療の一部始終を収めた動画が、現在「YouTube」に公開されているのだ。「単純なことが意外と大きな意味をもつ」と患者に話しかけながら、施術師が手にしたのは何と2本の電マ。まず手始めに、ふくらはぎ部分を電マでほぐすと、施術師はお尻のマッサージに移行する。徐々に振動の強度を上げつつ、丹念に肛門付近に電マを当てていく施術師。やがて陰嚢の裏まで電マを当て終えると、いよいよ男性器を攻め始める。そして竿の部分から裏筋、亀頭までを電マを使って徹底的に攻め上げていく。治療開始前に比べてペニスが少しずつ大きさを増し、男性は何やら腰をくねらせると――とうとうその瞬間がやって来た。患者は無事に射精を済ませ、ED治療は完遂した。

 治療とはいえED患者を勃起・射精させてしまうとは、この施術師の手業は本物のようだ。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

ED

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?