>  >  > “イッたフリ”は浮気のサイン!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 パートナーをベッドで本当に満足させているかどうか、男性なら気になるところ。でも、相手に直接問いかけるのは、なんとなくきまりが悪いし――。そんなデリケートな疑問に、鋭くメスを入れた調査結果がアメリカで発表された。


■性的に満たされていない女性は浮気する確率が高い

 英紙「Daily Mail」(2月28日付)によると、アメリカ・ミズーリ大学人類学部が行った大胆な研究が話題を呼んでいる。

 調査は、異性愛者の大学生(女性138名、男性121名)を対象に実施され、テーマはずばり「セックスと浮気の相関性」。この2つにどのようなつながりがあるのか人類学的に解明しようという試みだ。

 質問は、いたってシンプル。女性には、

・パートナーとのセックスで、何回オルガスムに達するか

・そのときの強度

fakedorgasm1.JPG
Daily Mail」の記事より

 男性には、

・パートナー(女性)は普段のセックスで何回くらいオルガスムに達していると思うか

 また、参加者全員に対して、

・今までに、パートナーを裏切ったことはあるか

・将来、彼または彼女を裏切る可能性はどれくらいか

 と、かなりダイレクトな質問をぶつけている。いくら科学的データ収集のためとはいえ、いざ回答するとなるとかなりバツが悪かったのではと想像する。

 そして、このキテレツな調査からは、次のような結果がはじき出された。

「オルガスムに達したフリをする回数の多い女性は、より多く浮気をしやすい」

 というもの。つまり、性的に満たされていない女性は満たされている女性よりも、ベッドから降りるや別の男性のもとへ走る確率が高いということらしい。実に身もふたもない話ではないか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。