>  >  > 【閲覧注意】体の半分が顔になった中国人男性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

エレファントマン

,

中国

,

北原大悟

,

米国

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1703_elefantmanchina_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 1971年に米国の心理学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」という概念がある。これは人の第一印象は初めて会った3~5秒で決まるというもので、人間は視覚からほとんどの情報を得ているという考え方だ。彼の研究結果によると、見た目の印象が持つ影響力は言語や話の内容よりも大きいという。よく世間では「人は見た目が9割」というが、あながち間違ってはいない考えといえるだろう。近年では美容整形の技術も進歩しており、手術で理想の見た目を手に入れることも容易くなっている。

 そんな中ニュースサイト「Daily Mail」には、難病により肥大化した顔をもつ衝撃的な外見をした中国人男性の姿が公開された。この男性は“中国のエレファントマン”として知られており、先天性の難病「プロテウス症候群」を患っている。彼の顔面の皮膚は通常の人間の何倍にも膨張し、もはや体の半分が顔に見える。目は垂れ下がった皮膚で覆われ、口も皮膚の弛みで大きく歪んでいる。男性は4歳の頃に顔面腫瘍を発症し、2007年に初めて外科手術を行った。その後も寄付金の助けを借り3度に渡る手術を行ったものの、今でも皮膚の肥大化は進行中だという。

1703_elefantmanchina_2.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1703_elefantmanchina_3.jpg
画像は、「Daily Mail」より
1703_elefantmanchina_4.jpg
画像は、「Mirror」より

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?