>  >  > 【閲覧注意】エプーリス/口から“死の花”が咲く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

インド

,

エプーリス

,

北原大悟

,

腫瘍

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1703_bigtumorfrommouth_1.jpg
画像は、「Mirror」より

 口の中の病気といえば口内炎や虫歯、歯周病が一般的だが、歯肉にも「エプーリス」と呼ばれる“できもの”ができることがある。エプーリスは歯肉表面付近への慢性的な刺激や炎症で発生し、基本的に良性のものしかない。また大きくなるスピードも遅いため、切除するだけで治療は終了する。しかしこのエプーリスが原因で命の危険に晒された少女がいた。

 インドに住む15歳の少女は、口にできた巨大な“できもの”に苦しんだ1人。ニュースサイト「Mirror」には彼女の姿を捉えた写真がいくつか掲載された。少女の口内で成長を続けた“できもの”は、彼女の顔半分ほどの大きさにまで膨れ上がり口から溢れ出している。彼女は水分摂取や食事はおろか、言葉を発することも正常に呼吸することさえままならない。

“できもの”の原因は「巨細胞性エプーリス」とみられており、少女が12歳の頃に歯肉にできた小さな“できもの”が3年間で巨大になったという。昨年10月には近隣住民が資金を調達してくれたおかげで、インド北部に位置するビハール州の病院で手術を受けることができた。手術後の彼女の口からは綺麗さっぱり“できもの”が取り除かれ、数年ぶりに言葉を発することができたそうだ。しかし全てを摘出できたわけではなく、今後も治療が必要だという。


■少年の口から200本以上の歯を摘出

 インドでは他にも口内の病気に苦しんでいる患者がいる。2014年には17歳の少年が歯の腫瘍「複雑性歯牙腫」が原因で、右下顎内部の骨の中に形成された200本以上の歯に悩まされていた。インド・ムンバイにある病院で行われた手術は計6時間にも及び、摘出された歯の本数は232本にも上ったそうだ。医師によると彼の顎の骨の完治には3~4週間程度を要するというが、少年は順調に回復しているという。

 一日も早く、少女が元通りの生活を送れることを祈るばかりだ。
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?