>  >  > バズる記事、脳は予見できていた!(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 地球上では、1日に2000億のEメールと40億のFacebookメッセージ、5億のツイートが飛び交っている。その中のいくつかがシェアされては瞬く間に拡散され、“バズる”という現象を生み出す。


■記事をシェアしたいと感じた時には、脳の3つの部位が活発になる

brainmightpredict1.JPG
Popular Science」の記事より

 キャッチーなコピー、まさに旬のネタ、アップされた写真や動画が一見の価値あり……などなど、ネットの記事が話題になるかどうかは、純粋に“時の運”のように思える。だが、最新の科学研究によれば、人間の脳はウェブ記事を読んでいる段階ですでに、それがバズるかバズらないかを瞬時に識別しているというのだ。

 科学誌「Popular Science」(3月2日付)が発表した「米国科学アカデミー紀要 Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」の論文は、実に興味深い。

「我々は、ネットユーザーの脳の活動をモニターすることで『なぜ、記事Aは記事Bよりも拡散されやすいか』の解明を試みました」と話すのは、論文の著者である米・ペンシルベニア大学博士課程のクリスティン・ショルツ博士だ。

 実験は2度実施され、総勢80名の被験者が参加した。彼らには「New York Times」の健康欄に掲載された記事の見出しと要約(全80項目)に目を通してもらい、どの記事を何十パーセントの割合でSNSにシェアしたいかを見極めてもらった。そして、実験の間中、機能MRIで被験者の脳活動はモニターされたという。

 すると、被験者が記事をシェアしたいと感じたときは、脳の中でも「価値感」「自己意識」「社会認識」を司る3つの部位が活発な動きをすることが観測される結果となった。

コメント

1:匿名2017年3月20日 15:23 | 返信

その研究は間違い。
他人から賢く見られたかったら、私みたいにトカナをシェアして
「この記事にはこういう理由で間違いがある」
「事実とは全く異なる。無知もはなはだしい」
とか、バカにすることを書いたりしない。
……ここでこう書いてほしいから、こんな記事を載せたんでしょ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。