>  > 「反原発派から絶縁されたことも…」元福島原発作業員

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
tsuri02.jpg
釣崎清隆
51pjdBT5n6L._SX336_BO1,204,203,200_.jpg
原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記』(東京キララ社)

 高線量被ばくの危険性がある第一線を体当たりで取材し、作業員達の生々しい人間模様や報道の矛盾を記したジャーナリズム精神あふれる釣崎清隆の新著『原子力戦争の犬たち 福島第一原発戦記』(東京キララ出版)の出版記念インタビュー。インタビュー第3回目は、反原発勢力との戦い・原発責任問題・森友学園・戦争論そして、戦原発作業員を経てアーティスト・ジャーナリストとしてのさらなる野望などについても語ってもらう。

※<第1回 原発の都市伝説はコチラ>
※<第2回原発のUFOと幽霊はコチラ


■反原発の友人たちと絶縁


――いわゆる反原発派についてはどう思われますか?

釣崎「原発をやめるのは、良くない。未来の技術に対する挑戦をやめるのは、日本の生命線を断つようなもの。今の旧来型の原発技術は古い技術。原発モデルは廃れて遠くないうちに核融合発電なんかに取って代わると思うけど、放射性廃棄物を無毒化する核変換技術の研究開発などはまさに現在進行形の1F廃炉事業の中で進められるべきだし、東電はホントはやらなくていいトリチウムの除去技術を広く公募しているけど、考えようによっては科学技術立国の未来を開く意欲的な挑戦とも言えるかも。

 でも、脱原発となると、国是、民族的トラウマとしてあらゆる原子力にかかわる研究開発を放棄することになるだろう。無責任だと思う。反原発のやつらにとっては俺の意見の方が無責任なんだろうけど。他のクリーンエネルギーと一緒に、みんなでヨーイドンでどんどん始めればいい。

 3.11で俺の環境は徹底的に変わった。実は俺、友達をめちゃくちゃなくしんたんだよね。作家、ミュージシャン、あと映画の業界もそうだけど、俺の回りはほとんどが左寄りというか反原発だからね」

1024px-Anti-Nuclear_Power_Plant_Rally_on_19_September_2011_at_Meiji_Shrine_Outer_Garden_03.JPG
画像は、Wikipediaより


――絶縁された友達とのやりとりを教えていただけませんか?

釣崎「お互い大人だからさ。こりゃダメだと思ったら自然と話をしなくなる。あと、電話に出てくれなくなったり。面と向かって絶縁を突きつけられたことはないけれど、メールでそれに近いことを言ってきた人もいたな。『右っぽくて関わりたくない』という感じで」

――原発問題だけではなく、皇室関係の記事をSNSでシェアしただけで、とたんに人格変わってヒステリックに書き込む人とか増えた印象ですが。

釣崎「今、たぶんね。政治闘争の季節に入ったんだと思うよ。俺の回りだけじゃなくて、日本中で相克が起こってるんだと思うよ。3.11以降、ずっと低強度戦争をしていると思っている。思想戦の段階に来ているよね」


■原発よりも危険な施設

――釣崎さんを原発推進派だと勘違いした反原発派のお友達が離れていったんですね。

釣崎「そう、俺は別に原発推進派ではないですよ。ただ、新しい技術に対して門戸を閉ざすようなことをやっちゃいけない。そんなこと言ったら、「CERN」の巨大加速器LHC(注1)なんか、電磁波とかすごいヤバイじゃん。スイスのジュネーブ郊外の田舎にあるから誰も文句言わないけれど。実は、つくば市にも同じ装置があるじゃない。

 それに今、新たな新型加速器の国際リニアコライダーを東北に誘致しようという動きもある。あれは絶対にやるべきだと思うけれどね。実現する技術が日本にしかないらしいんだ。でも、危険なものには違いない。反原発の人は、そのあたりのこととか結びついていないんだよ。3.11が起こったのは、「CERN」が稼働した時に発生した巨大エネルギーのせいだという都市伝説もあるぐらいなのに(笑)」

herc1.jpg
画像は「DailyMail」より

(注1) 欧州原子核研究機構(CERN)が所有する巨大加速器LHCとは、粒子に大きなエネルギーを加えて加速しぶつけさせる装置で全周27㎞円形型。ヒッグス粒子を初めて観測した。ホーキング博士などは「極小ブラックホールの生成もありえる」ため、宇宙を滅亡させる恐れがあるとして警鐘を鳴らしている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年3月31日 13:38 | 返信

彼の言うことに賛同はできないが、反原発の人間たちにおかしな連中が多いことは納得できる。右翼も同じだけどな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。