>  >  > ビアンSEXは86%の女性がイクことが判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 セックスは男と女の営みである。もちろん、男同士、女同士、LGBT、男女混合などさまざまな楽しみ方はあるが、その基本は生殖行為であり、主に一組の男女の性交であるということに間違いはないだろう。


■レズビアンセックスにおいては86%がオーガズムに達する

 では、セックスと生殖行為とを切り分けて、セックスとそのオーガズムについて考えてみることにしよう。1対1のセックスに限っての検証になるが、男女間のセックスにおいては65%の女性しかオーガズムに達していないという結果が出てきている。英「Daily Mail」紙では、思いのほか女性のオーガズムに達する確率が低いとレポートされている。

 調査結果によれば、セックスにおいておよそ35%の女性は、絶頂に達することなく行為を終わらせていることがわかった。カリフォルニア州チャップマン大学のデイビッド・フレデリック博士の研究調査によれば、セックスにおいてストレートな男性の95%がオーガズムに達するという数字に対して、ストレートな女性の65%しかオーガズムに達していないということである。

lesbiansorgasm1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 大ざっぱに言えば、3人に1人は、セックス中に絶頂に達していないのである。これは、ストレートなセックスにおいての話であって、これが同性同士のセックスになると、ゲイセックスにおいては89%、レズビアンセックスにおいては86%と数字は急変する。

 この調査研究は、1対1のセックスにおいて、18歳から65歳までの5万2000人を超える被験者を対象に調べられた数字であり、この種の調査に関して言えば極めて膨大なサンプル数であり、そこから出されている数値の信頼性は非常に高い。5万2000人の被験者には2000人を超えるゲイ、レズビアン、LBGTなども含まれていて、同性同士の行為についての数値の信頼度も高いものとなっている。結果から見れば、セックス中にオーガズムに達する割合は次の通りになる。

・ 男性のヘテロ(ストレート):95%(最高値)
・ 男性のゲイ:89%
・ 男性のバイセクシュアル:88%
・ 女性のレズビアン:86%
・ 女性のバイセクシュアル:66%
・ 女性のヘテロ(ストレート):65%(最低値)

 この数字から見る限り、女性においてはストレートなセックスよりもレズビアンセックスのほうが圧倒的にオーガズムに達する率が高く、快楽としてのセックスを考えた場合には、もはや男性のパートナーは太刀打ちできないような結果である。レズビアンセックスでは、女性の「どうしてもらいたいか」を相互に伝え合った上での行為になりやすいうえ、さらに、同性であるからこそ気持ちいい“ツボ”がわかるため、数値が高くなっているとのことである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。