>  >  > 【閲覧注意】奇病・人魚症候群の赤ん坊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

タイ

,

人魚症候群

,

北原大悟

,

奇病

,

水掻き

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1703_marmaidebaby_1.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 ディズニー映画「リトル・マーメイド」の影響から、一度でいいから人魚になってみたいと空想したことがある人もいるだろう。だが世界には、人魚のような姿で生まれてくる奇病が本当に存在する。“人魚症候群”と呼ばれるその病気は、10万人に1人の確率で現れるといわれ、発症すれば生まれながらにして下半身が融合した状態となる。しかも、人魚症候群の赤ん坊の多くは生後数日で死亡してしまうというから、これは命に関わる極めて深刻な事態だ。ちなみに、一卵性双生児では人魚症候群の発症確率が通常の100倍にまで高まるといわれている。

MermaidBaby.jpg
画像は、「Mirror」より

 2000年、米国・メイン州で人魚症候群の女児が誕生した。しかし彼女は、高い死亡率を伴う病気を抱えながら150回もの手術を乗り越え、なんと2009年に亡くなるまで約10年にわたり生き続けたという。一方、昨年5月にインドで生まれた人魚症候群の赤ちゃんは、生後わずか10分間で息を引き取ったという。そして今月15日には、英紙「Daily Mail」が、人魚症候群を患った生後10カ月になるタイ人の赤ちゃんを報じている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年3月21日 22:06 | 返信

足だけじゃなくて顔もやばいじゃん

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?