>  > 早大学特任教授の「高松宮記念」予想がヤバい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
324tocana1.jpg
大事魔神佐々木の愛馬ヴィブロスが世界へ挑戦

 先日サウジアラビアのサルマン国王が46年振りに来日し、天皇陛下や安倍総理大臣と会談された。王族や関係閣僚など総勢1000人以上が約10機の飛行機に分乗して日本に来るなどその規模は圧巻。81歳の国王専用のエスカレーター型タラップを事前に持ち込んで使用するなど、やはり世界の富豪は考えも行動も斜め上をいくものといえよう。

 サウジアラビアは中東にある世界一の原油埋蔵量を持つ国であり親日国で日本ともなじみが深い。昨年には日本とサウジアラビア王国の外交関係樹立60周年を記念して「サウジアラビアロイヤルカップ」という競馬のレースが行われたほどだ。そのサウジアラビアでも競馬は行われており、王族のハーリド・ビン・アブドゥッラー氏は馬主としてレイルリンク、フランケルなどの超一流馬を所有。レイルリンクは凱旋門賞でディープインパクトを破り、フランケルは桜花賞候補であるソウルスターリングの父親としても知られているから、アッと思った人もいるだろう。

 そのサウジアラビアと隣国のアラブ首長国連邦にあるドバイ首長国では、3月25日に世界最大級の競馬イベントである「ドバイミーティング」が行われる。このイベントは何から何までケタ外れで、メインレースとして行われるドバイワールドカップの賞金は1着600万ドル(日本円で約6億7000万円)と破格。日本からは武豊が騎乗するアウォーディーを筆頭にアポロケンタッキー、ゴールドドリーム、ラニといったトップホースが出走するが、アメリカから参戦する最強馬アロゲートとの対決に注目が集まっている。

 また1着360万ドル(日本円で約4億円)のドバイターフには、日本から昨年の秋華賞馬ヴィブロスが登場し、UAEダービーには日本最強の3歳ダート王エピカリスとアディラートが出走。大きな盛り上がりを見せたWBCに匹敵する関心を集めており、侍JAPANの活躍に刺激を受けた武豊ら日本勢の活躍に期待したいところだ。

 この「ドバイミーティング」が行われるのは日本時間で3月25日深夜から26日にかけての真夜中。当日はグリーンチャンネルがノースクランブル(無料生放送)をする予定であり、ぜひ日本馬を応援しよう。

 そして26日の日曜日には中京競馬場で電撃のスプリントG1レースである「第47回高松宮記念」が行われる。まさに週末は睡眠不足で競馬三昧となるだろうが、その競馬をより楽しむための無料サイトがある。それが「競馬もりあげサイトのうまスクエア」だ。


■有料コンテンツがない完全無料サイト

 うまスクエアはすべてのコンテンツを利用するのが無料といういわゆる「完全無料サイト」だが、通常の無料サイトとは「質も量」も違うといえよう。例えばYahoo!が提供するスポーツナビ内にも競馬というコンテンツがあり、スポーツ紙や競馬専門誌と連動したニュースやコラムがあるが、特別な情報であったり馬券の参考になるものは少ない。また大手スポーツ紙の競馬サービスも肝心なところで有料登録が必要と拍子抜けだ。

 その点うまスクエアはすべてのコンテンツが無料なので、「これは有料かな…」なんて気にせずサクサク読める。読みたいと思ったコンテンツをクリックした瞬間、ここから先は「有料登録が必要です」なんてテンションが下がるウインドウは出てこない。これはユーザビリティを考えても非常に重要なこと。利用する側はモチベーションが下がることなく隅から隅までコンテンツを楽しめるのがいい。このうまスクエアで特に筆者が参考にしていてオススメなのが下記のコンテンツ。

<オススメコンテンツ>
「血統評論家境和樹の穴馬券ネオメソッド」
「大魔神佐々木主浩の大リーグボール22号」
「早稲田大学特任教授のワイド1点予想」
「人気馬格付けチェック」
「重賞パーフェクトデータ」
「投網式投資馬券」

324tocana2.jpg
穴馬券ネオメソッドの境和樹

「穴馬券ネオメソッド」は過去に高松宮記念で人気薄ながら2着に好走したハクサンムーンを推奨し、自分に8万馬券を的中させてくれた思い出のコンテンツ。先日も中山牝馬ステークスで勝利した武豊騎乗の人気薄トーセンビクトリーを指名して的中させるなど勢いに乗っている。

「大リーグボール22号」を書くのは元野球選手で大魔神の愛称で知られる佐々木主浩。馬主としてもここまでG1レースを3勝しており、今年はドバイターフに愛馬ヴィブロスが出走する。ドバイに出走する馬主の連載コラムなんて聞いたことがなく、おそらく他では見られないような愛馬の話しもありそうだ。このコラムでは佐々木本人が応援したい馬、買いたい馬を取り上げており、馬主ならではの着眼点は興味深い。

「早稲田大学特任教授のワイド1点予想」は早稲田大学特任教授である本村凌二の予想というかコラムのようなもの。フェブラリーステークスでも見事に1点的中を決めるなど、JRA馬事文化賞を受賞した文筆家とは思えない鋭い予想も見逃せない。

「人気馬格付けチェック」は東スポや雑誌最強の法則で連載している、レースアナリスト田中充興氏が独自の理論の馬券術で好走馬を導き出すコラム。先週のフラワーカップもスプリングステークスも見事に万馬券的中となっており、高松宮記念週に向けても必見のコラムと言えるだろう。

「重賞パーフェクトデータ」は競馬に存在する様々なデータを提供するマニアックなコンテンツ。一般人にはわかりにくい競馬のデータを易しく解説しているのがいい。

「投網式投資馬券」は困ったときに利用する万馬券狙いの穴予想コラム。3月19日中山10レースの千葉ステークスでは21万1,210円という馬券を的中しており、筆者は生まれて初めて20万馬券的中の興奮を味わった。続く20日月曜も中山9レースで万馬券的中と今一番お世話になっているかもしれない。

 うまスクエアには他にも興味深いコンテンツが揃うが、これら予想に役立つ各業界のプロフェッショナル集団の競馬情報をすべて無料で利用できるのは本当にありがたい。これは絶対に利用しないと損だろう。

 週末のドバイミーティング、そして高松宮記念に向けてうまスクエアの無料情報に注目したい。

・ 完全無料予想CLICK → G1高松宮記念


※本稿はPR記事です。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。