>  >  > 太陽からエネルギーを吸引する超巨大「じょうろ型UFO」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

NASA

,

UFO

,

エイリアン

,

プラズマ

,

太陽

,

宇宙人

 近年、太陽観測技術の発展に伴い、多くのUFOが太陽近傍に出没していることが明らかになってきているが、今回またしても巨大UFOが撮影されたとの情報が舞い込んできた。

 UFOニュースサイト「EWAO」(3月21日付)によると、問題の動画はNASAが撮影したものとされ、すでにYouTube上で大きな話題を呼んでいるという。

 ともかく、まずは問題の映像をご覧頂こう。

動画は「YouTube」より引用

 これは珍しい。随分とユニークな形状だ。“じょうろ型UFO”とでも言えば良いだろうか? 同動画を投稿したYouTubeチャンネル「SECTION 51」がエイリアンの「母船」と表現しているように、そのサイズも常軌を逸している。さらに驚くべきは、動画の1:00過ぎからだ。太陽からスルスルと何かを吸い取っているのだ! これは一体何なのだろうか?

太陽からエネルギーを吸引する超巨大「じょうろ型UFO」出現!  鮮明な映像に「人類はもうダメかもしれない」の画像1
画像は「YouTube」より引用
太陽からエネルギーを吸引する超巨大「じょうろ型UFO」出現!  鮮明な映像に「人類はもうダメかもしれない」の画像2
画像は「YouTube」より引用

「SECTION 51」は、「UFOが太陽からエネルギーを補給している」と考えているようだ。科学的見地からも、UFOが惑星から燃料を補給しているという考え自体は特別珍しいものではない。1960年代に宇宙文明の定義の礎を築いたニコライ・カルダシェフも恒星のエネルギーを利用する宇宙人の可能性を提唱。さらに、1980年代には元NASA研究員ノーマン・バーグラン氏も、UFOが土星の環に停泊し、エネルギーを補給している可能性に言及。この考えは現代のUFO研究家に受け継がれている。「エネルギー補給説」はUFO界で最有力の解釈なのだ。おそらく今回も、太陽から吹き出す粒子“プラズマ”をエネルギーに変換していたのだろう。

関連キーワード

NASA
UFO

コメント

8:匿ブルーボール2017年7月11日 23:47 | 返信

タイヨウノソバニテイシハデキナイオチルダロウ、フラックホールダケ。

7:匿ブルーボール2017年7月11日 23:45 | 返信

タイヨウノソバニテイシハデキナイオチルダロウ、フラックホールダケ。

6:匿名2017年3月30日 12:44 | 返信

案の定、NASAの公開映像へはリンク貼ってないんだな。
これはフェイク確定。
映像はよく出来てるけどね。

5:匿名2017年3月28日 16:22 | 返信

暗黒星団帝国かな?(違

4:匿名2017年3月25日 11:56 | 返信

※3
狼少年という童話があってだな・・

3:匿名2017年3月25日 00:14 | 返信

こんなにはっきり映ってるのに何故大事になってない?

2:匿名2017年3月24日 07:28 | 返信

映像が本物なら驚愕の何か居る映像だと思うが、
作り物ではない保証でもないと眉唾で観るしかない感じの映像だな。

1:匿名2017年3月23日 21:53 | 返信

大変だ!
これは超巨大宇宙生命体に間違いない。
なぜトカナはその事実を隠蔽し、UFOだなどとはぐらかそうとするのか。
正直に記事にするべきである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。