>  >  > 三国志・曹操の子孫の顔がゲームと完全一致!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
Caocao_4.jpg
曹操の陵墓 画像は「Wikipedia」より引用

【世界ふしぎ再発見!】――人類史を覆す大ニュースにもかかわらず、誰にも騒がれずに眠ってしまった歴史的発見を掘り起こせ!

 歴史好きなら、某ゲーム会社からシリーズ化されている日本の戦国時代や中国の三国志の武将として、天下統一を目指す歴史シミュレーションゲームにハマったことがある人も多いだろう。先日、学生時代に夢中になった古い三国志のゲームを引っ張り出し、曹操を選択してプレイしてみたのだが、思わず笑いが止まらなかった。曹操のキャラクターの顔が、偶然にも曹操の子孫と瓜二つなのだ。


■古い墓誌の通りに発掘したら…… 歴史的発見!

Caocao_3.jpg
曹操 画像は「Wikipedia」より引用

 近年の考古学界における世界的発見の1つに、2009年に中国・河南省安陽市で発掘された魏武王の陵墓がある。魏武王とは、まさしく三国時代の英雄・曹操(155~220年)のことだ。1998年に同地で、五胡十六国時代の後趙の官僚・魯潜の墓誌が発見されたが、そこに「故魏武帝陵西北角西行卌三歩北迴至墓明堂二百五十歩(古の魏武王陵の西北角から西に43歩、さらに北に250歩行くと、この墓堂に至る)」と記されていたことが発見のきっかけとなった。

陵墓からは、60歳前後の男性の骨とともに、200点以上の金銀や鉄剣などの副葬品が見つかり、その中に「魏武王」という銘文が刻まれたものも含まれていたことから、曹操の墓であることが判明した。


■曹操の子孫、ついに現る!

Caocao_2.jpg
“曹さんサミット” 画像は「新華網」より引用

 この遺骨自体のDNA鑑定は行われていないが、陵墓の発見をきっかけに、中国・復旦大学の研究チームが、曹操の子孫の可能性がある曹姓の258氏族をDNA検査。過去に発掘された曹操一族の歯のDNAと一致した6氏族を曹操の子孫と認定している。そして2013年には、そのうち12人が一堂に会する“曹さんサミット”も開催された。

関連キーワード

コメント

7:匿名2017年7月 6日 20:33 | 返信

あーいいね

6:匿名2017年4月 3日 13:24 | 返信

>5は眼科の受診をおすすめする。

5:匿名2017年4月 2日 13:41 | 返信

眉と髪型整えて髭生やせば輪郭以外は割と似てるぞ

4:匿名2017年4月 1日 19:08 | 返信

エイプリルフールか。やられた~。

3:匿名2017年4月 1日 11:47 | 返信

は?
誰に似ててって比較ぐらいしろよ
タイトル詐欺

2:匿名2017年4月 1日 05:39 | 返信

全然似てないじゃん
こんなアホな記事で金もらえるんだからフリーのライターっていい商売だな

1:匿名2017年4月 1日 01:12 | 返信

ええええ
全然似てないやん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。